ホットニュース
「ボランティアを通して感じたこと」
皆様

こんばんは。宮崎の佐藤牧師からの依頼で、ボランティア後1週間経ってから最後の報告をしてくださいということでしたので、そのように致します。と、言いましても、ボランティアを終了した今、報告するような事も無いので、ボランティアを通して感じた雑想を少し書いてみようと思います。まとまりのない文章になることを始めからお詫びします。

僕は3月24日~4月8日と、7月23日~8月10日まで、2度石巻でボランティア活動を行いました。

2度の活動の中で色々なことを感じました。その中の一つとしては、コミュニティの重要性です。石巻市内の避難所の状況と、石巻近隣の壊滅した漁村の避難所の状況は3月から大きく違っていました。市内の避難所は直ぐに各都道府県から職員が派遣されて、支援物資が届き、ボランティアが入り、状況としては漁村に比べ恵まれた状況にありました。一方、漁村の方は震災後1カ月近くまともな支援が届かず、ガソリンも無く、道路も寸断されて陸の孤島と化していました。しかし、漁村の方々は市内の避難者達よりも元気に毎日を過ごしておりました。もともとの地域コミュニティが生きていたことがこのような差に表れたのだと思います。

市内の避難所は色々な地域から寄せ集められた人々であり、知らない人同士が同室で暮らす状況でした。また、多くの支援者や物資が届き、避難した人々は何もしなくても、ある程度のケアが行き届いた状況でした。毎日することもなくTVの震災情報道を眺めては朝晩の支援物資を食べて、寝て過ごす老人達が目立ちました。ケアする側と、される側がはっきり分かれてしまっており、ケアされる側から自ら状況を変えようとする活力が損なわれたような印象を受けました。

漁村の方は、自分達で何とかしないと生きられない状況がありました。体が弱い老人達も自分の出来ることを探し、役割を持ち、皆で協力し合って生き延びました。漁村はもともと一個人では生きて行けない生活背景があったことが、今回はプラスに働いたのだと思います。漁は一人ではできません。また、獲れた魚の処理も一人ではできません。もともと協力し合って生きてきた人たちでした。4月、道路が地方の漁村とつながった頃の石巻ボランティアセンターで行われていた毎日の報告会では、「不思議なことに牡鹿は元気です」、「雄勝は大丈夫です」などという報告が続きました。家族を亡くした人たち、親戚を全て失った人たち、親や友人を失った子供達、皆それぞれに苦しみを抱えながらも、「共同体」を優先させて、皆で助け合い、励まし合って生き延びたのです。自分の感情を集団のために抑圧しなければならない状況は必ずしも健康的とは言えないでしょう。しかし、全てを失った人々が、共同体から受け入れられていること、人の役に立っていること、支え合える人間関係を失っていないことは、その人たちにとって大きな意味があったのではないかと思うのです。

「人は一人では生きられない」という原理は誰もが知っていると思います。しかし、現代社会はこの原理を過去のものへと追いやって、「いかに楽で、そして人と関与せず一人で生きていけるか」という幻想を我々に提供しようとしているようにしか思えない側面があります。今回の震災のように人間の想定をはるかに超えるような出来事が起こった時に、それが幻想であったことに気づくのです。
人はひとりで生きていたのでは生きている実感は得られず、人とのかかわりの中で生きるときにのみ、生きている実感が得られる(活き活きできる)という原理は昔も今も変わらないのだと思うのです。集団の中で役割を持ち、人の役に立ってこそ、そこに自分の「生きられる場所」、自分の「居場所」を手に入れることが出来るのであり、この世での人の居場所はそこにしかないのだろうと思うのです。一見何もできないような重度の身体障がい者であった兄のことを振り返っても、この結論に変わりはありません。また、神様自身が人となって人に関与されたことを考えてみても、人は人との関わり合いの中でこそ「生きる」事が出来る、活き活きできる、あるいは「絶望」が「希望」へと変えられるのだと教えられるのです。

我々メノナイトの群れは「共同体(コミュニティ)」を大切にする伝統がありますが、どうでしょうか?それぞれがそれぞれを必要とし、共に関わり合い、支え合っている共同体でしょうか?共同体が活き活きしているでしょうか?

石巻の仮設住宅は9月一杯で完成し、全ての人が一応住むところに困らない状態になります。阪神大震災の時には、仮設住宅に移った老人達の孤独死が多かったことの反省を生かし、今回は市が巡回支援員を雇って仮設住宅の独居老人を訪問します。しかし、仮設住宅は抽選でランダムに割り振られたものであり、そこにコミュニティはありません。孤独死は減るかもしれませんが、孤独は減らないのです。NPOボランティア団体は、所々にコミュニティカフェを作り、そこで炊き出しを行い、憩いの場を提供することでコミュニティ形成に一役かおうと頑張っています。しかし、それもボランティア主導でやっているうちは本当の意味でのコミュニティは育たないであろうと思います。ボランティアが作ろうとしているコミュニティに、そこに住む人たちの積極的な関与をいかに引き出せるかがポイントになりそうです。ボランティアの意識改革が必要です。ヘルパーとして手を差し伸べるのではなく、「一緒に」という感覚が必要だと思います。あるいは、被災者自身の活動を支えるという視点がより重要な時期を迎えているように感じます。

さて、僕はここ数年、教会の礼拝内でメッセージの代わりに「創世記」の聖書研究を月に一度リードしてきました。創世記を読み進むと洪水やら飢饉やら様々な災害の記事が登場します。「バベルの塔」ではもしかすると大地震が起こったのかもしれません。大昔の人々はユダヤ民族に限らず天変地異と神様の怒りとを結び付けて考える習慣があったのかもしれません。今回の震災でもどこかの政治家が「これは天罰だ」と発言しています。人知を超える出来事を前にすると、人は超自然的な力を感じることで、その出来事に意味づけしようとするものなのかもしれません。
聖書研究の後のディスカッションで、矢口牧師が「創世記の人々は神様に、なぜ災害など起こすのですか?とか、災害を起こさないでください、というような祈りの記事がほとんど無いことが不思議だ」と指摘されました。ディスカッションが進む中で話し合われたことは、恐らく創世記の時代の人々は、災害と隣り合わせで生きていたのではないだろうかという考えが出されました。災害はいつも身近にあるものだったため、「なぜ」災害が起こるのかということよりも、いかに災害を乗り越えるのかということの方が重要であったのではいかというのです。小さな遊牧民族が厳しい自然環境の中で生きて行くためには、他民族や、他国と良い関係を築くことが必要であった可能性があります。ヨセフ物語の飢饉の時には、食料を求めてエジプトへ行きました。災害は神の怒りではなく、いつもそこにあるものなので、解決策は神様に雨乞いすることではなく、エジプトと良い関係を結ぶことであり、神様の導きの中で生き残ることだったのではないでしょうか。
 創世記を振り返って感じることは、人間に対する神の怒りの厳しさではなく、厳しい環境の中で、時には愚かしく、そして弱弱しく生きている人間に対しての神の導きであり、憐れみです。創世記の中で、私達の神様がどのような神様なのかを最も象徴的に表わしている個所はノアの箱舟の記事の最後の個所ではないでしょうか?
私達の神様は、災害で人を滅ぼす神様ではなく、「災害で人を滅ぼさない」と約束される神様の姿がそこに表わされています。
地球上ではいつもどこかで災害が起こっています。さらに、私たちは地震大国日本に暮らしています。災害はいつも私達の周りにあるものです。その災害といかに向き合って暮らしていけるのか、4000年前の小さな遊牧民の記事から、そして被災地の人々の暮らしから色々学ばせていただいた気がしています。僕の中では、「神様の導きの中で生きること」と、「周りの人々に関与して生きること(いかに隣人となれるかということ)」は、矛盾しないことのように思えるのです。

などなど、色々説教くさいことを書いてしまいましたが、ボランティアを終えた僕自身はというと、北海道は別海町へ帰省し、まる二日間は眠りこけ、その後4日間は自分の欲望のままに釣り三昧してきました。写真は世界自然遺産知床の海で釣りあげたカラフトマスです。美味かった。

佐伯祐司
"Through volunteer activities that I impressed"
I felt many things in mind in the two-time volunteer activity. One them was the importance of community. It had been very difference of situations between the city's shelters Ishinomaki and the shelters nearly fishing village devastated Ishinomaki since this March.
To the city's shelters, officials from each prefecture were dispatched immediately and a lot of aid arrived, also jointed the volunteer workers, and the situation was as lucky. On the other hand, the fishing village people couldn't get sufficient support and had no gasoline for nearly a month after the earthquake, as a result, the roads were suspended in many places because of the tsunami and their villages had been isolated islands of land. Yet everyday they had spent their energy from the city's refugees. Originally the fishing villages appeared to think that these differences were the spirit of community living marrow.

The city's shelters were gathering people from different regions, the situation of living in the same space were strangers to each other. Many volunteer workers who came to boot, but, also because a large number of aid received, the refugees were in good enough care. Therefore, the elders were watching the television coverage of the great disaster victims without even a day, morning and evening to eat food aid, have spent sleeping is conspicuous. It seemed to have clearly separated closed side to side and care will be. I received the impression that the lose of vitality and change the situation itself and from care that is.

In the fishing village, while the situation there and could not live without something to do on their- own energy. Even weak old people, looking for his ability to have a role, would work together with everyone survived. In the fishing village in the background that there was originally an individual can not live life in the disasters plus I think it's worked. Fisheries alone can not. In addition, processing of fish caught, is not alone.
They originally cooperated with each other and lived. It was time when roads were connected to the local fishing villages in April. In the everyday briefing session held in Ishinomaki volunteer center, and, some reports continued, strangely which were "People of Ojika were cheerful". Or "People of Okatsu were all right".
Most of them lost families and lost of all relatives and children lost their parents and friends. All of them gave priority to their "community" while holding pains in each and helped each other together and they encouraged each other and survived. The situation that must suppress one's feelings for a group may not necessarily say that they are healthy. I think that it might have a big meaning for the people that the people who lost all are accepted by the community, and they are helpful for the partner each other and they do not lose human relations to assist.

I think that anyone knows the principle "a person is alone, and no to be able to live". However, the modern society drives this principle to a past thing, and there is the side to think that it is going to provide a fantasy "how can live alone without participating with for comfort and a person" to us. When the disaster that exceeds far a human assumption like this earthquake disaster including tsunami was generated, I notice it how it was a fantasy "I am alone, and to live".

I think that the person lived alone, and the actual feeling to live is not provided. Only living in the relation with the person, I think that the principle called "being able to living life" that an actual feeling living for is provided does not change in all ages. Everybody has a role in a group, and even anyone is helpful for other people, and thinks that everyone can get one's "place to stay" there. I think that there will be the place to stay by this society there.
Seemingly, as for changing, a winged and is not precocious for this conclusion to me even if I look back toward my older brother who was a severe handicapped person having nothing. In addition, even if think about God itself becomes the person, and think that was participated in a person, even we live "in the relation with the person lively. Or it is told that "despair" is changed to "hope".

We Mennonite group has a tradition to take care of "community". How true? Each needs each is concerned together and will be community assisting? Will a community be full of life?

The temporary houses of Ishinomaki is completed at the end of September and is in a condition not to troubled with the place where all people live for the time being. At the time of Hanshin great earthquake, they make use of reflection of there having been much lonely death of old people who moved to a temporary house and a city employs a member of patrol support this time and visits the staying alone old people of the temporary construction house. However, the temporary house was assigned by a lottery at random, and there is not the community there.
The lonely death may decrease, but the loneliness does not decrease. The group of NPO volunteers makes community café here and there and therefore they perform distribution of boiled rice and try the formation of the community hard by contributing an oasis when it is a role or chase it. However, the community in a true meaning thinks while it is led by a volunteer and does it not to be brought up. It seems to be pointed how the community saying that a volunteer makes it can draw the aggressive participation of people living there. To that end, the consciousness reform of the volunteer is necessary. Not only holding out a hand as a helper, but I think that we need a sense of "together". Or I feel it to invite the time when a viewpoint to support activity of person of disaster oneself is more important.

By the way, I led Bible study of "the Genesis" in substitution for a message in the worship of the church once a month for these past several years. The article of a flood or famine or various disaster comes up when I go on reading Genesis. Possibly a great earthquake might be generated with "Tower of Babel". There might be a custom the ancient people related anger of God to a natural disaster not only Zion, and to think about. When "this is the wrath of Heaven", some politicians speaks even this suffering. A person may be to be the thing which is going to give meaning to the occurrence by feeling super natural power when they face an occurrence more than the human intelligence.

In the discussion after the Bible study, pastor Yaguchi was pointed out, "the article thing that there was not almost of the prayer please do not happen a disaster was mysterious why the people of the Genesis happen disasters to God". Probably, as for having been talked while a discussion advanced, a thought whether the people of the times of the Genesis would not live side by side with a disaster was started. Because the disaster was an always imminent thing, it is that it might be more important how than "why" a disaster is generated they get over a disaster.
It might be necessary to build other races and other countries and the good relations so that a small nomadic tribe was valid in severe natural environments. At the time of famine of the Joseph story, they went to Egypt for food. Because disasters were always things in there not anger of God, it was to bind Egypt and good relations together not the solution praying for rain to God and would not be what they survived in the guidance of God?

It is the guidance of God for the living human being who it is sometimes stupid in the environment that is severe not strictness of the anger of God for the human being and is feeble, and it is pity I look back on Genesis, and to feel. In Genesis, will not the point that it expresses most figuratively what kind of God our God is to be a point of article of the Noah's ark?
A figure of God who is promised when our God "does not destroy the people by a disaster" not God destroying the people by a disaster is expressed there.

Disasters are always caused somewhere on the earth. Furthermore, we live in earthquake large country Japan. There are always disasters around us. I feel like having learned from the living of from article of the small nomadic herders 4000 years ago and the people of the stricken area in various ways whether they can live facing the disaster and cuttlefish. Among me, I think like it not contradicting that "it lives in the leading of God" "participating in the people of the circumference, and to live (how you can become a neighbor)".

I had written and the like, that I smelled of a sermon in various ways, but I went home to the Bekkai town in Hokkaido when I said as for myself who finished a volunteer and slept like a log for full two days and I caught it on one's greed for the next four days and did a state of perfect spiritual concentration. The photograph is the pink salmon which I caught in the sea of world natural heritage Shiretoko. It was so delicious.

(Written by Yuji Saeki who is a board member of Peace and Mission Center of JMCCC)
(translated by Takanori Sasaki of JMF)
石巻レポート・・・最終日
皆様

石巻18日間の日程を無事に終了しました\(^o^)/ 祈って下さっていた方々、ありがとうございました。毎日仕事が与えられ、健康も護られ、ある程度納得の18日間です。いわゆる臨床心理士としての仕事は何もしていませんが、直接的、間接的に沢山の方々の生活やこころに関われたのではないかと感じています。

最終日の今日は早朝から善根湯の斉藤さんとお風呂の仕上げ作業。ステンレスの湯船に杉木材で怪我防止も含めて化粧を施し、のれんをかけて完成です。写真は斉藤さんとワタノハの社長です。斉藤さんが帰られてから、僕はショッピングセンターへ行って、風呂の中に敷くスノコ、掃除用具、シャンプー置き、脱衣用バスケット、入口の鍵などなど必要な物を買い揃えました。それらは、旭川教会からの献金で買いました。JMFや別海教会からの献金で余った分は、風呂のプロパンガス代としておいて来ました。また、各教会から預かった支援物資は、ほとんどお店があいていない牡鹿でニードが多いため、そこに全ておいて来ました。ボランティアセンターの遠藤さんが各集落に必要な物資を公平に分配して下さいます。

風呂が完了してから、リカバリーさんと合流し、ワタノハの社長の墓石の修繕に行きました。社長が、お盆が近いので是非ともというので、お手伝いすることになりました。そんなわけで、石巻最終回は「石」の巻^^;
お彼岸が近いのにもかかわらず、そのお寺のお墓は8割方崩れたままになっており、社長の家のお墓も墓石が横倒しになっていました。男6人でなんとか墓石を元の場所へ置き直しました。その墓の二列後ろにヤクザ屋さんお墓があるらしく、おそろいにも見える金のネックレスとサングラスの若い衆が、5人で墓を直しに来てました。田舎の漁師町にはまだまだ昭和の香りが漂っていて、懐かしい感じがします。すれ違いざまに挨拶をしてみたところ、彼のパーマ頭が軽く上下はしたものの、それが挨拶だったのか、ガンを飛ばされたのかは定かではありません。良い方に解釈したいと思います。本当はお寺が檀家の墓くらい直すべきなのでしょうけど、そんな気配は無いとのこと。苔と潮にまみれたお墓を、津波で運ばれて来た砂を研磨剤として磨きあげ、そこそこ見れる状態にしました。最後に社長から手渡されたお線香を墓石の前に置き、うやうやしく一礼して、作業終了です。

今はフェリー内でくつろぎながら報告を書いてましたが、サッカー日韓戦が始まったので今日はここまで。明日は別海町まで6時間のドライブで帰省します。そして、ゆっくり釣りに行こうと思っています。石巻で夜暇な時は毛針を巻いていたので、準備万端です。

毎日こんなお気楽メールでごめんなさい(^^;; to be continued(?)

佐伯祐司
建築家の斉藤さんとワタノハの社長です。
風呂の正面
のれんの奥が脱衣所
化粧を入れて完成。顔に似合わず芸は細かい。それにしても素晴らしい。この風呂を見に来た方々は皆、「欲しい」と言います。
右側にスポンサー名が並んでいます。こんなに沢山の人達のおかげで、一つの風呂が提供されているなんて…嬉しくなります。
石巻レポート・・・17日目
皆様

石巻17日目は早起きして職人さん達よりも早く風呂の設営に取りかかりました。そんな事でしか、香川県からわざわざ1300kmの道程をレンタカーでやって来て下さった方々に感謝の気持ちを示すことが出来ません。今回の風呂は色々安くあげるための工夫がなされながらも、原価で70万円位するとのことです。その風呂を普通に自分で購入するとして、職人さんの工賃、旅費などを含めると200万はするのだろうと思います。JMFのブログには写真もアップしていただいていますが、建築家、斉藤さんの善根湯というチームは、沢山のスポンサーを募り、一つ一つの風呂を作っています。4月から現在までに17個の風呂を南三陸や石巻に設置してきました。風呂は夜8時に完成し、ゼロさんが明日シャワーを付けてくだされば入浴出来るようになります。帰る前に完成するような感じなので良かったです。出来上がった風呂を見た隣町のリーダーが「こんな風呂ならあと5つは欲しい」と斉藤さんに打診してました。

仕事の後は、リカバリーの方々が僕のお別れ会も兼ねてカラオケに誘って下さいました。良き仲間に恵まれ、無事に活動を終えることが出来そうです。明日は3時まで石巻で活動し帰路につく予定です。

佐伯祐司
石巻レポート・・・16日目
皆様

石巻16日目もリカバリーさんと一緒に行動しました。今回のボランティアは、リカバリーさんが石巻に来ている間はリカバリーさんと一緒に動くと決めていますが、僕はやっぱり集団行動が苦手なタイプの人間なのだということを再確認しました。日常生活を送る中で、自分のペースで行動する事にすっかり慣れてしまったのだと思います。また、そもそも皆んなが「右」という時に「左」と言いたくなる厄介な性格が集団行動を出来にくくしているのでしょうね(^^;; ボランティアへ来て、色々な意味で鍛えられてます。
さて、今日の午前から午後2時までは牡鹿の鮎川浜でチキン.トマトシチューの炊き出しを行いました。今日の僕はヒモ付きという事でいつもの様に厄介な仕事が回ってくることは有りませんでした。しかし、その分色々な方と会話を交わす機会も減って、少し残念な気がしました。
牡鹿のボランティアセンターは遠藤さんが効率良くボランティアを割り振るために、自分で勝手に立ち上げたものなのですが、その働きが認められ、今では社会福祉協議会公認のボランティアセンターになりました。スタッフは僕が知る限りでは、遠藤さんは2級の身体障がい者、他のメンバーもラッパー、フリーター、求職者、学生など20代から30代の若者達で構成されています。ちなみにラッパーは石巻でライブがあると騙されて東京から連れてこられ、そのまま泥だしボランティアに参加させられた事が始まりで、今は男を磨くための修行として牡鹿に残っていると話していました。その為、着替えなどはほとんど持っておらず、もうかれこれ2ヶ月間毎日同じTシャツで活動しています。牡鹿のボランティアセンターは、大きなボランティアセンターの様にいわゆる災害支援のプロフェッショナルは1人もいませんが、大きなボランティア団体が幅をきかせて大きな顔をすることも有りません。毎日皆で悩みながら、しかし和気あいあいと本当に良く頑張ってます。その一人一人のコミットメントには頭が下がります。地域の人達も彼等を受け入れ、彼らの活動に参加し、皆で支えています。大きなボランティアセンターには見られない光景です。牡鹿は6年前に合併になるまで石巻市の一部では無かったこともあって、石巻市民の感覚では、牡鹿はまだ石巻市に属していないと感じている人が多いと聞きます。牡鹿、雄勝、女川の支援が遅れているのは、そういった感覚的な物が影響を及ぼしているのではないかと言われています。
今日は3時からワタノハで待望の風呂の設置作業が始まりました\(^o^)/ 香川県からわざわざ建築家の斉藤さん以下3名と、仙台の建築工房ゼロから社長の小野さん以下3名、計8名が設置に来てくださいました。この風呂は斉藤さんが、誰でも簡単に組み立てられる様に設計したものだそうです。彼は、見た目はジャイアンそのものなのですが、温かい人柄で4月から数多くの風呂を被災地に建てて来られました。風呂は脱衣所も入れて6畳ほどの大きさがあり、湯船は男が3人同時に入れる程の広さがあります。外壁には明かり取りも着けられるようになっており、デザイン的も細やかな配慮がなされています。さすがは建築家!というシロモノです。予想外に本格的なものでした。ゼロさんはボイラー設備やシャワーを提供して下さいます。明日設置予定です。風呂一つの為に沢山の方が動いて下さいました。嬉しくなっちゃいますね。善意を持ち寄ると気持ちが良いということを毎日感じます。
そうそう建築家の斉藤さんは、まだ若手の建築家のようで、スタイリッシュなお家を設計されていますが、一方で最近、最後の職人が亡くなり、消滅してしまった香川県の伝統建築技法である塩飽建築(しわく)の研究をされているとのこと。後世に遺したいんだとか。何だかスケールが違います。素晴らしい人達との出会いに感謝!

佐伯祐司
風呂の建材
風呂の枠組み
外壁の白い部分はアクリル板の明かり取り。中は透けませんのでご安心ください。僕とリカバリーのメンバー、タクマさんで外壁を担当しています。
石巻レポート・・・15日目
皆様

石巻15日目の朝は6時に起きて泊めて頂いた友人夫婦と情報交換しました。奥様の方が県議会議員さんなので、お互いに貴重な情報のやりとりが出来ます。4月に専修大学をボランティアセンターとして暫らく維持させて欲しいと学長に交渉して下さったのも彼女でした。
朝10時半には石巻へ戻りNPOリカバリーフォージャパンと合流しました。午前中は教会に行きたかったのですが、心のケアをしたいという団体が集まってミーティングをするということで、僕はそちらの方に出席しました。ニュージーランドの地震の時もそうであった様に、地震後、家庭内の暴力が増えている事に焦点が当てられ、なんとか託児所のような事をしながら子供の安全が確保出来ないだろうかという話し合いがなされました。大阪からハーティーというグループのリーダー夫婦が来てましたが、普通に話をしているだけでも夫婦漫才を聞いているようでした。当事者たちは真剣そのものなだけになおのこと笑えます。
午後は風呂の資材の搬入、3時からワタノハのコミュニティカフェで、炊き出しと、約200個の扇風機と蚊帳の配布。6時から鉄板焼きを囲んでのワタノハ産業復興会議。片付けが終ってアパートに戻った時には10時過ぎてました。もっと話し合われた事や、感じた事などを書きたかったのですが、流石に疲れましたので寝る事にします。

佐伯祐司
石巻レポート・・・14日目
皆様

石巻14日目も牡鹿半島の鮎川浜へ行きました。昨日の教訓を活かし寝坊しませんでした(*^^*)

今日の仕事は家屋からの泥だし、家財道具の撤去作業です。土日はボランティアが増えるとの事で、240名が集まりました。僕は監督者として一軒任されました。京都の龍谷大学の28名との共同作業です。大学は管理責任から、ボランティアへ行くなという事が多い中、龍谷大学さんは、事務方のおじさんも生徒達も一緒になってやって来ました。素晴らしい!そういえば、キリスト教系の大学は3月も今回も見かけませんね〜。これがどれだけ教育的に大切な意味を持つのか計り知れないと思うのです。
作業の対象となったお宅は80代のお婆さんのお宅。南極までクジラの解体に出かけていた方なんだとか。今回の震災からも無事に生還しました。逞しいですね。家財道具の多さ、古さが80年という期間がどれだけ長い時間なのかを物語っていました。食器棚だけでも6つありました。食器は僕の友達の経営する小さな居酒屋さんの10倍はありそうです。
カンカン照りの外作業と、悪臭と湿度120%の室内作業にわかれて、手際良く作業が進められました。京都の学生さんは外作業がお気に入りの様子だったので、僕は当然最前線の屋内作業へ回りました。僕がマスクをしていない事を心配してくれた学生さんに、「僕は湿度の高い所ではエラ呼吸するので、匂いは気になりません…」と答えると、信じたのかマスクはいただけませんでした(^^;;
今回はお婆さんの息子さんが来て一緒に作業して下さいました。津波が来た時の様子やお婆さんの人柄なんかを伺いながらの作業でした。やはり、地域の人達と一緒に作業すると、その作業に意味付けしやすくてモチベーションも上がりますね。古い母屋に増築で幾つか部屋を継ぎ足した、複雑な家だったのでかなり手こずりましたが、何とか一日で片付きました。

今日は作業後、仙台の友人宅に来ています。途中、牛タン屋さんに寄りました。無駄遣いする事に罪悪感を感じつつも、牛タンの旨さにすっかりやられてしまいました。

佐伯祐司
七夕祭りだったので、仙台の牛タン屋さんはどこも一杯でした。
石巻レポート・・・13日目
皆様

13日目の石巻は朝から快晴でしたが…僕は痛恨の寝坊_| ̄|○

30分寝過ごしただけで鮎川浜への到着が1時間以上遅れます。工事や工事車両が動き出す前に動かなければ、おおよそ35kmの曲がりくねった道のりをノロノロ運転で進まなければなりません。申し訳ない気持ちで鮎川浜入りしましたが、ボランティアスタッフの「救世主がまた来てくれた」の一言で、単純な僕はスッカリ気分を回復させて今日の作業に移りました。
今日の作業は例によって厄介な仕事が割り振られました(^^;;  遺失物の仕分け作業です。ボランティアスタッフは長い間そこにおり、地域の人達とも顔馴染みになっているため、変に情が混ざって遺失物を仕分て捨てるという作業が出来にくいのかもしれません。もう2ヶ月もその場に置きっ放しになっている遺失物も有りました。「必要そうな物は残し、必要じゃなさそうな物は捨ててください」というアバウトな説明を受けました。物の価値なんて本人にしか分からないだろうと思いつつ作業開始。例えば、太平洋戦争の兵役関連書類はまだ必要な物なのかどうか…賞状やボウリング大会優勝のメダルは必要なのかどうか…例えば必要な物があったとして、今の仮設住宅に持ち帰るのかどうか…持ち主は生きているのかどうか…様々な疑問が頭をよぎり作業はなかなか進みません。僕自身は庭先の石ころを拾っては机にしまい込むような子供だったので、そこにある全ての遺失物が価値ある様に見えてきますし、信仰という価値観からすれば、全ての物が無価値な物にも見えてしまいます。悩みながら作業をしている間に、例によって3人の子分が送り込まれて来ました。今日の子分達は東京の女子大生です。彼女達は素晴らしかったです。まるで、どこかの政治家のようにサクサク仕分けて行きます。「神棚…助けてくれなかった神様はいらない。年賀状…今年は誰も年賀状なんか出さないからいらない。コーチのバッグ…ヘドロ臭いブランドものは誰も使わない」なるほど(*^^*)   結局、遺失物の9割は捨てる事になり、公民館の広い部屋の中はスッキリしました。ただ、アクセサリーやぬいぐるみは価値ある物として残されたのが不思議でしたが…そのあたりも何処かの政治家の様ではありました(^^;;  残すことになった遺失物から泥を拭き取り、今日の作業は終了です。

帰りにワタノハの社長さんの家に寄って、夕飯をご馳走になりました。炊き出しの豚汁と、魚屋さんから頂いたという気仙沼産カツオのお刺身を美味しく頂きました。社長さんは50半ばの独身男性ですが、遊びに行くといつも温かくもてなして下さいます。感謝‼

佐伯祐司
石巻レポート・・・12日目
皆様

石巻(ロックン石 ロール巻)12日目は昨日と同じ場所の鮎川浜へ行きました。そこでボランティアをまとめているのが遠藤さんという方で、3月に同じタイミングで石巻に入り、避難所で情報交換をした事があった人だったというのは、以前報告しました。その為か、僕は戦友扱いで、いつも温かく迎えられ、状況が飲み込めないまま数名の子分をあてがわれ、知り得る限りではその日の一番厄介な仕事が割り振られます(^^;; 今日は捕鯨の港町だけに、町興しに使うクジラのヒゲを洗う作業を頂きました。個人的には捕鯨に反対なのですが、それはそれです。ヘドロまみれのヒゲを洗うには、大量の水が必要になります。水道が復旧していないため、隣の役場から20Lのポリタンクで運ばなければなりません。作業場は2階のベランダの様なスペースだったので、手作業で水を運び上げました。ヒゲは大小様々で、大きい物からナガスクジラ、イワシクジラ、ミンククジラ、ゴールドミンククジラ…色々有りました。鮎川浜は「白鯨」に登場するモービーディック、マッコウクジラの捕鯨も盛んだった様で、時々瓦礫の中からマッコウクジラの歯が見つかったりします。象牙の工芸品と同じ様にカメオなんかが作られていたんだとか。僕はクジラに詳しく有りませんが、今日神奈川からボランティアに来られて、僕の子分としてあてがわれた年輩の高校の先生が作業をしながらクジラについて色々教えてくれました。受講料を払いたくなるなるくらいわかり易く楽しい授業でした。

鮎川浜を早目に切り上げ、夕方はワタノハへ戻り、風呂を設置して下さる業者さんとの打ち合わせ。友達のつてで繋がったためか、社長さん自らの訪問で恐縮しました。建築関連業者さんは今は大変忙しいはずなのです。しかし、問題発生‼ 今頃になって石巻市が仮設風呂ユニットを買占め始め、僕が確保していた2つも神奈川の業者の手違いで市に流れてしまったというのです。仙台の業者さんの計らいでなんとか一つは確保して頂きましたが、とても残念です。市は我々ボランティアよりもいつも2.3歩遅れて入ってきては余計なことをしてくれます。自衛隊の撤退が決まった時から風呂が必要になるのは分かりきった事なのに、何故事前に対処しないのか… それで、必要な所に必要な物が届けば良いのですが、大抵の場合そうはならないのです。今回も買い占めた殆どの風呂は大してニードが無いであろう市街地に設置される予定なんだとか。本当に必要な所は市街地から遠く離れた田舎に住んでいる人達のはずなのです(T_T)

しかし、市に何を言ってもムダなので、別なコネクションからもう一つ風呂を探すことにしました。確保出来た風呂は8日に設置される予定です。それはそれで楽しみです。

ロックンロール(石巻)もあと1週間だゼィ…シェキナベイベー♪

佐伯祐司
石巻レポート・・・11日目
皆様

昨日は報告メールを書きながら寝てしまいました。失礼しました。でも、9日続けて日記を書いたのは自己新記録です(^^)
いつも沢山の方々から励ましのメールを頂き有難うございます。個々にお返事を返さずに心苦しく思っておりますが、ご寛容のほどを宜しくお願いします。

昨日も相変わらず、僕のボランティア活動は大した内容ではありません(^^;; NPOさんが公園に設営した会場に、お茶っこしに来たおばさま達と団らんしたり、近所のヤンチャぼーず達とバスケットやドッヂボールをしてました。あるおば様は、今一番ストレスに感じる事は夫が家でゴロゴロしていることなんだとか。片付けを手伝うわけじゃなく、飯だけは3食出さねば文句をたれる…云々かんぬん(^^;; 4ヶ月も家でゴロゴロされると流石に離婚も考えるとのこと。このメールを読んでる既婚男性の皆さん、妻のいうことも時々きいてあげましょう(*^^*) 愚痴と自慢話は近所でご法度は、日本全国どこも一緒らしく、僕にブチまけてスッキリされたそうです。おやすいごようです。

11日目の今日は、リカバリーさんが東京へ帰られたので、一人で再び牡鹿地区の鮎川浜へ行きました。午前中は物資倉庫の整理でした。午後は、ボランティアの若い衆が子供の世話に手を焼いて、仕事が進まないとの事で、ヤンチャボーズ達を一手に引き受けました。公民館の広い敷地を使って鬼ごっこをして遊びました…3時間も。しかも僕はずっと鬼Σ(゚д゚lll) 子供達のエネルギーは無限大です。

明日は仙台の建築工房さんがワタノハに設営する風呂の件で、場所の下見に来てくださるそうです。ドライヤーなんかも使える設備の風呂が欲しいですね~。この際色々要望を出そうと考えてます。

佐伯祐司
▲ページトップへ戻る
Copyright © 2011 Japan Mennonite Fellowship All rights reserved.