ボランティア体験談
「2015年6/16~19東日本大震災被災地に立って」
“From June 16 to 19, visiting and standing in the great tsunami affected areas of East Japan Great Earthquake Disaster”

旅の目的
1. 気仙沼第一聖書バプテスト教会を訪問
2. 被災者の話を聞く、傾聴のボランティアを行う
3. 5年目の被災地の変化を見る


Purpose of our trip:
• To visit the Kesennuma First Bible Baptist Church.
• To hear the story of victims and working as listening closely volunteers.
• To see and watch the changing of the fifth-year stricken areas.


 旅の間は天気に恵まれTシャツに長袖のシャツだけで過ごせました。
 16日早朝下関を発ち、夕方、気仙沼駅前のバス停に宮崎南教会の佐藤省三先生が笑顔で迎えに来てくれました。
気仙沼の港に出て異様な光景を目の当たりにしました。地盤のかさ上げ工事のため道路の両側は土の壁が立ち上がり、新しい建物があるかと思うと、水門が倒壊していて、映画のセットのような現実感や生活感が乏しい風景に囲まれました。17億円以上を投じて建設されている高さ7mのコンクリートの防潮堤はまるでベルリンの壁です。防潮堤が完成したら普段の生活では海と隔絶されるでしょう。南気仙沼小学校跡地には災害公営住宅が建設されていました。仮設住宅で生活されていた方が抽選で入居されたそうです。校歌の石碑や門柱等を敷地内に残してありました。
 この日の夕食は愛隣オフセット印刷社の阿部さん宅で海の幸いっぱいの御馳走をいただきました。

We were able to spend it only with a T-shirt and the shirt of long sleeves blessed with weather during our trip. I left Shimonoseki on the early morning of June 16 and arrived at Kesennuma Station in the evening. Pastor Shozo Sato of Miyazaki Minami Church met me with a smile at the bus stop of station square. It is because there was a wall of the soil which stood up for padding construction of the ground in both sides of the road. And also there was a new building and left the collapsed water gate. It was totally like the set of the movie, and poor scenery of sense of reality and feeling of life opened there. And it is totally Berlin Wall which is building the wall of the concrete of 7m high that invests 1,700 million Yen or more. I think if a sea wall is completed, the everyday life of people would separate from the ocean.
The public apartment houses were built in the ruins of Minami Kesennuma Elementary School for victims. It seemed to enter the building the people who lived in temporary housing by lot. A monument of the school song and the gatepost of the former elementary school were left as memory in a site. In this evening we were invited to dinner with happiness of the sea a lot by the houses of Mr. Abe who running the Airin Offset Printing Company.


 阿部さんの話で気仙沼第一聖書バプテスト教会の礼拝が行われていた印刷所のスペースをカフェにして、交わりの場にしたいと言われていました。阿部さんはコミュニティの再生を気にされていました。災害公営住宅で孤独死が発生していました。
震災直後は子供が震災後小学校が統合し初登校のときに、先生が雑巾を2枚持ってくるように言われ、用意できない子供たちがいたそうです。震災後、裁縫道具も流され雑巾どころではない時に先生は子供たちに「なぜ忘れたのか?」と聞いたことに配慮がないと指摘していました
「5年経って、前向きに歩みだせた人とまだ立ち上がれない人がいます。」この言葉を重く受け止めた1日目でした。

Mr. Abe talked us that he wanted to make a café for the place of the fellowship in the space of his printing office in which used for the worship of church. He minded reproduction of the community. It is because the lonely death of the elderly person living in the new public apartment housing.
He spoke such an episode. Because a school was damaged by a tsunami as for children after an earthquake disaster, they had to go to another unified elementary school. At the time of first attendance, the teacher said to bring two pieces of dust cloth for cleaning to each student. But some students were not prepared them. Because it was after a great earthquake, there were many families where the sewing kit was diverted to by a tsunami. When it looked like, in what a teacher asked to children, “why did you forget them?” And it was pointed out that there was not consideration as for the teacher by parents. Mr. Abe said saying “there are the person who could begin to walk forward and the person who could not stand up yet after five years.”
I took these his words heavily. It was my first day.


2日目 曇り

朝一番イオンへ行き仮設住宅へ持っていく米5㎏20袋を購入。本日の売出しのお米を買い占めてしまいました。
前の気仙沼第一聖書バプテスト教会の跡地を訪問。かさ上げ工事で敷地には3mもの高さの土が積まれ前の様子がわかりません。岩井崎では津波を受けた高校の校舎を見ました。生々しい津波の跡です。津波に洗われた土地の道端にはたくさんの紫詰草がたくましく咲き誇っていました。

The second day, cloudy

We went to the AEON Supermarket first thing in the morning and purchased 20 bags of rice of 5kirograms case for the temporary housing inhabitants. We have bought up today’s bargain sale of rice of the supermarket. After that, we visited the ruins former Kesennuma First Bible Baptist Church. The earth and sand of the height of 3 meters were piled up on there by padding construction, and there was no former site.
And then we went to Iwaisaki cope of the Pacific coast. We looked at the school building of Koyo Senior High School in according with a great damage by tsunami in the neighborhood. There was the trace of the vivid tsunami damage in the building. However, much purple white Dutch cover was in full glory vigorously on the roadside of this land washed by the tsunami five years ago.
And we arrived at the new church building of Kesennuma First Bible Baptist Church and we attended at a prayer meeting from ten o’clock. It was brand-new, and the grain of wood of the tree was a beautiful church. We were able to have a fellowship time with six person, that are pastor Minegishi and his wife, two sisters from this church members, pastor Sato and me. It was thankful time for me.
Mr. and Mrs. Minegishi are still living in the temporary housing in the gymnasium of Omose Junior High School. This temporary housing is the place where Yuko Kuroda San of Hanshin Support Network for Elderly and Disable (NPO) continued snugging up to until she died. It was Kuroda San that I was taught a volunteer activity after Great Hanshin Earthquake. I could share stories of Kuroda San with sister Minegishi and was thank.
※Hanshin Support Network for Elderly and Disable was formed for the support of the elderly person and the person with a disability after Great Hanshin Awaji Earthquake outbreak of January 17, 1995. The first chief director was Yoko Kuroda who was a vice-total nursing corporal of Takarazuka municipal hospital. She was died on September 24, 2015.


 10:00前に気仙沼第一聖書バプテスト教会の新しい会堂に着き祈祷会に参加しました。真新しく木が美しい会堂でした。嶺岸牧師夫妻と2名の姉妹、佐藤先生と私の6名で讃美と祈りと交わり時を持つことができました。感謝です。
嶺岸夫妻は面瀬中仮設住宅で生活されています。この仮設は、「阪神高齢者・障害者支援ネットワーク」の黒田裕子さんが亡くなるまで寄り添い続けた場所でした。私が阪神大震災の後にボランティアを教えてくださったのが黒田さんでした。嶺岸姉と黒田さんの話も分かち合うことができて感謝でした。
 午後は南三陸町長清水の仮設住宅へ向かいました。国道を走っている車の1/3は青森、秋田、岩手、なにわと各地のナンバープレートを付けたダンプカーです。道路標識で「過去の津波浸水区間ここから」「ここまで」の表示があり、浸水区間にかさ上げ工事用の土が高く積まれていました。途中南三陸町防災対策庁舎に立ち寄りました。建物の周りは3階建ての屋上の高さに土の壁が達していました。
 南三陸町長清水(ながしず)の小さな入り江がある美しい高台に阿部民子さんのたみこの海パックの事務所がありました。
ここで阿部さんご夫妻に震災からの話を聞きました。津波の日32戸の集落の内29戸が流され、その夜は残された家の1軒の民宿にみんなが集まったこと。停電とわずかなロウソクで明かりがなく、度重なる余震でもう一度津波が来たらみんな一緒でと覚悟を決めていたこと。その日船で出ていたご主人の事も覚悟していたことを。

We were going to the temporary housing of Nagashizu district of Minami-Sanriku-Cho town. A one-third of the vehicle which ran on the national road was the dump trucks which added the registration number of Aomori prefecture, Akita prefecture and Iwate prefecture. Here is Miyagi prefecture. When we ran at National road No.45 in Miyagi by a rent-a-car, I found the road sign called “the tsunami inundation section which was past tsunami from here”. This is a road sign for intention to add the damage of the tsunami to a driver without the having the feel of the place. Padding construction was carried out in “inundation section” from “here” until “here”, and the earth and sand for the construction were piled up highly. We dropped in at the Minami-Sanriku-Cho town disaster prevention measures government office building on the way. In around the building, the wall of the earth and sand reached the height of the roof of three stories.
There was the office of “the sea pack of Tamiko” of Abe Tamiko San on the hill near the small inlet of Nagashizu district of Minami-Sanriku-Cho town. We heard the story at the time of the earthquake disaster from Mrs. Abe as follows; 29of 32 houses of the village have been carried way on the day of the tsunami; All having gathered in one guest house of the house left in the evening; there was not a light by a blackout and a few candles, having been prepared for it when tsunami came by repeated aftershocks once again if all were same; having prepared for her husband who went to sea by ship on that day.


 ご主人からは、その日予定外で船に乗って入り江内で作業をしていたこと。地震の時、船が真下から突き上げられる振動を受け、船の上で立っていられなかったこと。津波が来ると予想しながらも、防災無線の大津波警報の声を聞いて沖に逃げたこと。家族と携帯電話が繋がらず、偶然つながった知り合いに、家族の事を頼み、その知り合いが軽トラを高台に持っていってくれたこと。津波の後残った軽トラが活躍したこと。沖合の津波は水の山で速い流れを越えていかなければならないこと。ご主人の船は比較的大きな船で燃料もたくさん積んでいたので、何とか波を越えて行けたけど仲間の小さな船は波を越えられず一度は陸まで流されたこと。その夜は沖で仲間の船と船をつないでいたが、海は激しく荒れて、一艘ずつに分かれて夜を過ごしたこと。翌日の海は鏡の様に静かで音がない海面一面に瓦礫が浮かんでいて、船を傷つけないように瓦礫を避けて港に戻ったこと。家族の事を覚悟していたこと。

And we also heard from Mr. Abe; having work on a ship in an unlet out of a plan on that day; receiving the vibration that a ship was pushed up from right under at the time of earthquake, and not having been able to stand on ship; having expected that a tsunami came, but having run away to the offing to listen to the voice of the major tsunami warming of the disaster prevention radio; a cell-phone not being connected to his family, and asking an acquaintance connected accidently for the security of the family, and the acquaintance having moved his Kei class truck or Japanese mini truck on the hill; the Kei class truck which stayed after a tsunami having played an active part in the transportation; the offshore tsunami having to be beyond a fast flow in a heap of water; having been able to go over the big wave somehow because a lot of tonnage relatively, and loaded onto a lot of fuel as for his ship, but the ship of his friend having been drained once to the land without the big wave being gone over because there was little tonnage; having tried a ship and the ship of his friend in the evening in the offing, but parting still more because the sea was storming intensely, and having spent night; It is quiet, and a lot of debris on the sea of the next day like a mirror all over the sea surface without a sound and avoiding debris so that a ship could not be damaged and having come back to the port; having prepared for his family.


民子さん自身も目の前で知り合いが津波に呑まれる瞬間をみていました。ご主人は仲間の船では瓦礫に間に遺体を見つけて、何人かは船に上げることができたが、瓦礫の向こう側だと船が回せないために、遺体を残したまま港に帰って行った話を聞きました。生死が隣り合わせに存在した瞬間だったことに私は改めて衝撃を受けました。
 そんな状況からどうやって気持ちを切り替えてここまで歩んでこれたのか?と尋ねました。ご主人はしばらくの間は何も考えられず腑抜けになっていたそうです。民子さんからは女は食べさせなければならないからと動き出したそうです。初めは気が張っていたそうですが、後から気持ちの落ち込みが来たそうです。
集落で残された1戸がながしず荘と言う名の民宿で、ここで避難生活がはじまりました。しかし民宿の食料はすぐに底を突きました。そんな時、女性達は津波の後の瓦礫から食料を拾い集めたそうです。一人が高い所で海を監視して集落に出た女性たちの安全を守った人もいたそうです。瓦礫の中の冷蔵庫を開けては、開封されていない、濡れていない食べ物を集めたそうです。震災後数日たって沖に自衛隊の船が見え、船からヘリコプターで食べ物を届けてもらったことに感動したそうです。

Tamiko San saw the moment when her acquaintance was swallowed up in front by a tsunami too. Her husband found a corpse between debris by the ship with his friend and was able to give some corpse to a ship, but he could not leave the corpse which floated in the other side of the debris because he could not turn a ship. And it seemed to be disappointed and talked about a state of mind that could not but return to the port with leaving the corpse. I was shocked by having been the moment when they existed some other time so that life and death were next.
I asked her “how were you changed your feeling? And how were you walked to here by such situation?” Her husband seemed to become a weak-kneed person without anything being thought about for a while. Tamiko San began to move to look for something to eat anyway. A feeling seemed to be tense with her at the start, but the fall of the feeling seemed to come later. One house left at this village was a guest house named “Nagashizu-So”, and began their evacuee life here. However, the food of the guest house bottomed out immediately. Women picked up and gathered their food from the debris after the tsunami. One person watched the flow of the tide pf the sea and the size of the wave to keep the life of women who went to the village to look for food from the guest house. They opened some refrigerators in the debris, and gathered the food which did not get wet without being opened.
A few days passed just after the earthquake disaster, and the vessels of the Self-Defense Forces appeared in the offing and they sent food for villagers by a helicopter from vessels. Villagers were impressed by the food support very much.


たくさんのボランティアの瓦礫を片づける姿を見て、阿部さんご夫妻は自分たちができることを始めたそうです。
しかし仮設住宅に移った後は、民子さんは海が怖く、海にかかわる仕事ができなくなったそうです。ご主人が養殖の仕事を再開しても、民子さんは町社会福祉協議会の支援員となって仮設住宅を見回り、「漁村で生きていくことは海と向き合い続けることだ」とみんなの話に耳を傾ける中で、改めてそう思うようになったそうです。海が怖いのではなく津波を恐れていたことに気が付いたそうです。
被災した長清水の漁業は、去年12月まで共同事業で運営され。ご主人の船が水揚げした物も個人のものでなく、ご主人は漁協から給与を受け取っていました。それまでは民子さんは仕入れた海産物を海パックの商品として扱っていました。
今年になって本来の漁業の水揚げした物は個人のものに戻りました。ご主人が中心となり水産物を育て、加工もする。民子さんが通信販売の販路を守り、広げて6次産業化を進めています。民子さんは、「水産物の加工場を再建し以前一緒に仕事していた仲間を一人でも多く雇用できるようにしたい。私たちの事業は5年遅れてスタートしているから頑張って遅れを取り返す。」と言ってました。一所懸命に生きる、真摯に仕事に向き合う姿はとてもカッコよく、ご夫妻の話に、感動しました。

Many volunteer workers came over to this district and have begun to put debris in order afterwards, Mr. and Mrs. Abe began that oneself could do it to see their work. However, Tamiko San did not seem to be able to do about fishing work for fear the sea after having moved to the temporary housing. Even if her husband reopened cultured work in the sea, Tamiko San listened to the story of the resident as a member of support of the town social welfare office meeting over the temporary housing. While she heard the voice of people, ”it was to continue being face to the ocean to live to live in a fishing village”, she seemed to decide it to have the relations with the ocean once again. The ocean was not scary, and she seemed to notice that she was afraid if a tsunami. The fishery of Nagashizu suffered from was run in a partnership until last December. It did not become his things even if it was the fishing that her husband landed. He received a salary from the fisherman’s cooperative association of the town. On the other hand, Tamiko San laid in stock of marine products and made the products of “the sea pack” and began the sale by the internet. The original fishing that he landed return to a personal thing from this year. Her husband employs some people and cultivates such as wakame seaweed, oyster, Gin salmon, scallop, ascidian, and so on, and processes marine products now. To enlarge the mail-order market of the marine products which her husband harvested, Tamiko San promotes the sixth industrialization that consists of fishery, food processing and sale.
Tamiko San told us, “I want to rebuild a fisheries processing factory and I want to employ some friendly workers who worked together before. Because our business started five years later, so I want to catch up with our effort.”
I was impressed by the story of Mr. and Mrs. Abe and I thought that they had good parenthesis which they are living hard and seeing the figure which is sincere and faced each other for their work.


 話を伺ったのち近くの神割崎キャンプ場の仮設住宅にお米とクッキーを持って訪問しました。今は16世帯が生活されていました。阿部さんご夫妻が最も若い世代で高齢者ばかりの仮設でした。ご婦人に話を聞くと「4年間の仮設生活はもう慣れました。もうすぐ高台造成も終わるから、それからのことを考えます。」と笑いながら話してくれました。仮設の人達は訪問を大変喜んでくれました。

After having heard their stories from Mr. and Mrs. Abe, we visited the residents of the temporary housing in the Kamiwarisaki campground nearby with bags of rice and some cookies. Sixteen households are living now there. It is temporary housing where only elderly people live in the generation when Mr. and Mrs. Abe is the youngest.
“I was already used to temporary housing life in these four years. The hill land developed for our houses are already over. I think about from these my life after moving to the hill.” One woman talked us in this way with a laugh. They were pleased with our visit very much.


仮設訪問を終え阿部さんご夫妻にご挨拶に行ったときに、殻つきのムラサキウニを頂きました。最高の御馳走でした。長清水の元の集落の跡地は危険地域となりそこで住居を構えることはできません。たみこの海パックのFacebookで、6月18日に高台の造成地で阿部さんご夫妻の新居の地鎮祭の写真がありました。当初、高台移転希望は十数戸の予定でしたが、5年の間で7戸の移転に減ったそうです。
 5年間で小さな集落の過疎化高齢化が進みコミュニティのほころびが起きていました。でもその地で頑張っている人がいることに私は勇気付けられました。

When we went to visit the Family Abe for goodbye after that, they gave us Murasaki-Uni or purple sea urchin for eating. It was very delicious.
The ruins of the original village of Nagashizu are appointed in the danger area, and villager cannot a house there.
On June 18, 2015, I found the photograph of the Shinto ceremony of purifying a building site of the new home of Abe married couple on the hill land developed for housing in Facebook of “the sea pack of Tamiko” this year. The move application to the hill was ten several households at first, but seemed to decrease for seven households of moves in these five years


3日目 雨から曇りへ

この日は岩手県大槌町まで津波の被災地の変化を見てきました。陸前高田、大船渡、釜石、大槌町まで走りました。どこを行ってもダンプカーとすれ違い、かさ上げの土の壁の間を走っていました。佐藤先生は「何にも無くなった。」と何度も声を出されていました。陸前高田では津波をまともに受けたアパートがそのまま残っていました。小さく立入禁止と書いてある、低い柵をまたいで建物に近づき、手を伸ばし窓の中の写真を撮ると、生活の跡が感じられました。
大槌町に入り高台の公園から町を見下ろすと、遠くの山の形が変わるほど土が削り出され、露天掘りの石炭の炭鉱で走っているように100tダンプカーが何台も稼働してかさ上げをしています。かさ上げ工事は国が何かを隠すためにすべて埋め立てているのではと思えるくらいの規模でした。町があった所は全て海まで整地されていました。公園横の霊園には同じ名字で平成23年3月11日没と何人もの名が掘られた墓石がいくつもありました。
津波に呑まれた大槌町町役場前では、観光バス止まり、高校生たちが語り部の青年の話を聞いていました。
震災遺構の保存が話題になっていましたが、かさ上げされた土地、形が変わった山、強大な防潮堤、これらの新たに作られたものが、東日本大震災の傷跡だと感じました。

The third day: from rain to cloudy:

On the day, we drove to Rikuzen Takata, Ofunato, Kamaishi and Oduchi, and we looked at the changing of tsunami disaster. Anywhere we went to, we passed each other with dump trucks and we had to drive between a wall of the earth and sand of the padding. Pastor Sato spoke many times “anything disappeared”. It just remained the apartment house which caught the tsunami directly in Rikuzen Takata.
I stepped over “closed to the public” the low fence to be written on small, and approached the building, and took the picture of the apartment house with sky where I stretched out a hand. Though to the apartment became the wreckage, and there was not person alone, I was felt a trace of the life of some people.
We entered the Oduchi town in Iwate prefecture, and went up to the park on the hill. And when we looked down at the town, earth and sand were begun to sharpen so that form of the far-off mountain changed, and how many 10 tons of dump trucks which ran for coal transportation moved, and padding constructed like a coal mine of the open-air mining at all.
It was a scale so as to think that the padding construction filled all up as if the government concealed something. All the places where it was a town were levelled the land of to the shoreline. There was a cemetery beside the park where we stood. The name of late many people was carved with that great tsunami disaster to a grave stone, and a sacrificed day was carved there with March 11, 2011. There were a lot of gravestones which the name of many victims was written in the same family name with gravestones among them.
A sightseeing bus stopped in front of the town office of Oduchicho swallowed of by a big tsunami, and high school students during a field trip heard a state of the damage of the tsunami at the time from the young man of a storyteller as a volunteer. The preservation of tsunami disaster remains of memory’s structure of the March 11 disaster becomes the topic in this area, but I felt that it was a scar of the Great East Japan Earthquake, such as raised land, the mountain where from turned into, and a powerful seawall which made newly things.


3泊4日の旅を終え帰宅し御言葉を探しました。
主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。(ヨブ記 1:21後半) 
主は仰せられた。あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。
(ヨナ書4:10)
わたしは光を造り出し、やみを創造し、平和をつくり、わざわいを創造する。わたしは主、これらすべてを造る者。
(イザヤ書45:7) 

Put the trip of 4 days 3 nights away, and I came home and looked for the next God’s words from the Bible.
“……The Lord gave me everything I had, and they were his to take away. Blessed be the name of the Lord.”(Job 1:21ff)
“Then the Lord said, “You feel sorry for yourself when your shelter or caster been is destroyed, though you did no work to put it there, and it is, at best, short-lived …… …….” (Jonah 4:10f)
“I form the light and make the dark. I send good times and bad. I, Lord am he who does these things.” (Isaiah45:7) ※ from the Living Bible


震災から5年目に入り、祈り続けていますが、まだ私はヨブの信仰ではなくヨナのように怒っています。
今回の旅は、これからの被災地との係わり方を考える時になったことを感じる旅でした。お金や物資での支援ではなく、前を向いて進みだした人たちを応援していくことが必要と感じました。
是非現地へ行って、目で見て、話を聞いて、おいしいものを食べて被災地を知ることをお勧めします。


得るものが多い旅でした。感謝です。

The five years begins from a great earthquake disaster, and I continue praying, but I am still angry like Jonah not faith of Job. This trip was a trip to feel that it was when I thought about relation with stricken area in the future. I felt that it was necessary to support the people of the affected area that they had begun to walk look ahead, not the support only for money or supplies. I recommend that everybody goes to the affected area by all means, and judging from eyes, hearing a story from them, and eating a delicious things.
It was a trip with many things to get for me. I thank the people whom I met on this trip.


Written by Hidehiko Otsubo of a member of Yamanota Fukuin Church〕
〔Translated by Takanori Sasaki of a member of JMF〕


大坪英彦
山の田福音教会 大坪英彦
「3年目の被災地をたずねて」
“Visiting the affected area of the third year occurring the earthquake”

師走の中ごろ、思い立って東北へ向かった。冬型の気圧配置となり、冷え込みには十分注意するようにとの予報を聞きながら、一ノ関で新幹線を降り、羽田で合流したボランティア3人と一緒に、駅前でレンタカーを借りて気仙沼へ向かった。朝7時前に自宅を出て、滞在する気仙沼のビジネスホテルに辿り着いたころはすっかり薄暗くなり、「随分遠くまで来もんだなぁ」という実感と、南国育ちには半端じゃない寒さに震えながらも「やっと願いが叶ったぞ」という満足感があった。

In the middle part of the December, I took it into my mind to go to the Tohoku district. I got off the Shinkannsen train at Ichinoseki station while my hearing the weather forecast that said it became the wintry climate and be careful enough to be child on the radio. We borrowed a rent-a-car with three volunteers who joined in Haneda Airport at the station square and went to Kesennuma city. I left the home 7:00 a.m. and became really dusky when I arrived in a budget hotel of Kesennuma to stay in. I had the actual feeling that “It’s a long way off for me.” And there was the feeling of satisfaction that “At last had my wish with realized,” while shaking with awesome cold for the southern country breeding.


 脳梗塞と脳幹出血によって右片麻痺となり、介護を要する夫のショートステイ先の日程調整が難航して、切符の予約もギリギリだったが、夫の方は、一度1泊2日のショートステイを経験していい感触だったから、大丈夫だろうと思っていたら「3泊4日などとんでもない」と、こちらの説得が大変だったのだ。

My husband spends days to need care for right hemiplegia caused cerebral infection and brainstem bleeding. I had to leave my husband with short-stay caring during my absence. As for me, the adjustment of the schedule of the short-stay caring of my husband ran into difficulties, and the reservation of my tickets were last-minute too. My husband experienced the short-stay caring of two days and one night once, and I thought that it was all right because my husband satisfied the experience. However, when I told my husband that his short-stay caring was four days and three nights, he said, “It was terrible for four days and three nights”. That’s why it was serious to persuade my husband.


 翌朝、早速仮設住宅訪問の準備のため、スーパーで5キロ入りのお米40袋を購入し、車に積み込むと気仙沼第一聖書バプテスト教会を訪ねた。この教会は当時、海岸から100メートル位の地点に建てられていたため津波の直撃を受け、土台以外はすべて無くなった。同じ土地への再建は不能となり、高台に土地を購入して建築準備を進める一方で、被災者への共同支援プロジェクト<HOPE ジャパン>の気仙沼での拠点として支援にあたっておられた。まだ、仮設暮らしという嶺岸牧師夫妻に歓迎していただき、「今日は水梨地区の仮設住宅を訪問します。近道があるので案内しましょう。」と同行していただいた。

On the next morning, we purchased 40bags of 5 kilos rice bag for the preparations for temporary housing visit in a local supermarket. And we loaded them onto a car and we visited the Kesennuma First Bible Baptist Church. Because this church was built at the spot approximately 100 meters from the shore in the time, it damaged the direct hit of the tsunami and had disappeared all other than the base of the building. The church rebuilding to the same land became impossible and they purchased the land on the hill and push forward preparation for a new church building. On the other hand, they dealt with support based in Kesennuma in joint assistance project “HOPE JAPAN” to the affected people. When we arrived at the church, Mr. and Mrs. Minegishi of pastor still living the temporary housing welcomed us. Pastor Minegishi said, “We visit temporary housing of the Mizunashi district today, and let’s guide a shortcut there.” And he accompanied us.


 通り抜ける道路脇の標識で一番目に付いたのが「ここから過去の浸水地区の始まり」と、しばらく行くと「過去の浸水地区おわり」という看板で、リアス式海岸沿いの山あいに残った集落跡の案内板のようで、そこには壊れたままの作業場や住宅があり、周りにはよごれた日用品が散乱していた。

When we went through the short cut, it was one piece of signboard that we saw first. The signboard said, “the beginning of inundation area where was past from here”. When we went for a while, we found another signboard written “the past inundation area was over”. It was a sign of a village trace left in the mountains along the deeply-indented coastline of Sanrik, Tohoku. There were a broken workshop and a house in the neighborhood, and the dirty daily necessities were scattered around.


 80世帯はあるという仮設住宅に着くと、私たちは3人づつの2班に別れてお米とホッカイロ、トラクトを1戸毎に声をかけながらお届けした。留守のところは玄関仕様の戸口において書置きし、顔を出してくださった方には「いかがですか。」「お困りになっていませんか?」「一足早いクリスマスプレゼントです。」などと声をかけると、宮崎からだという私たちに、「遠くからわざわざありがとう。」とか「お米が何より嬉しいです。」と言われながら、あの時のことを話しだされたり、今後の不安を口にされたりした。「みんなが飢えていて、寒さに耐え、家族や大切な人を、物を失った者ばかりで暮らしてきたので、お互いに<つらいと口に出して愚痴ることもできませんでした。今やっと少し話せるかなぁ。」という言葉に重たいものを感じた。

When we arrived at the temporary construction residential area where approximately 80 households affected, we were divided into two groups by three and distributed the bag of rice, Hokkairo or a set of body warmer, and a tract or a booklet written a message of the Gospel clearly and briefly, while calling out to persons who living there. We put them in the absence’s house of the entrance hood and left a note. We called out to the persons who appeared at the door, “Nice to meet you?” or “How have you been?” or “Haven’t you been in any troubles?” or “This is a Christmas present for you a bit earlier.” When we told them to have come from Miyazaki of Kyushu in the southern Japan, they said “Thank you expressly from far away.” or “Rice is nice above all.” There were persons who talked us about the state when that earthquake and tsunami took place in them. And also there was the person who spoke of the future uneasiness of them. One man said to us his thought and feeling like these, “in those days, anyone starved and endured cold, besides because we lived with losing own family, own important persons, own house, and own belongings. We were not able to complain of 〈being hard〉each other”. I felt a heavy thing for his words.


 南三陸に向かう海岸通りには、すっかり片付いた大通りと歩道があって、交差点の信号機の下に横断用の手旗入れが残っていた。学校にいく子供たちがそこの黄色い旗をかざしながら渡ったり、買い物やレジャー、仕事で行き来する人達を見てきたであろう信号機が作動していた。見渡す限り広い市街地跡に人影はなく、今は被災物を片付けるショベルカーの土やコンクリートを乗せて走るダンプカーの交通整理をしている。取り残された遥か向こうの信号機の色まで分る、家も木も無い信号機だけの風景は信号機の禿山林のように見えた・・・。

There were a main street and the sidewalk which were completely cleared up in the sea front toward Minami-Sanriku, and a hand flag case for crossing remained under one of the signal of the intersection. I thought the signal watched the children who went to school shading the yellow flag over there and cross it. In addition, I thought the signal watched people coming and going by work in shopping or leisure once. It just operated silently at the intersection that nobody crossed now. In the city area’s old site that it was wide as far as look around it without the shadow of a person, the loading shovel that just put suffering things in order was busy and loaded the soils and the concretes of the wreckage onto a dump truck now. The present duty of that signal was traffic control of the dump trucks which piling up the wreckage. I understand it to the color of far signals left behind over there. There is no house or no tree in the area. The scenery was, so to speak, only for signals. It totally looked like the bald woods of the signals.


 最後まで住民に避難を呼びかけながら亡くなった女性の声が聞こえそうな南三陸の防災対策庁舎、大津波に耐え、今は補強されて海を見続けている陸前高田の奇跡の一本松、同じく4階まで破壊された5階建てのアパート、あの時に止まったままの大船渡駅前の時計台、テレビで報道され見慣れた所であったが、実際に立つて見ると、周りの破壊された広大な居住跡に染み付いた独特の色、人々の暮らしの声や音、匂いなどが重なり合って迫ってくる。

Disaster prevention measures government building of the Minami-Sanriku town where it seemed to hear the voices of the late woman while appealing to inhabitants for refuge till the last. The building endured a massive tsunami and it was reinforced now and continued watching the ocean. The miraculous Ippommatsu or one pine tree was Rikuzen-Takata city. The 4-story apartment house was destroyed in a similar way. A clock tower of the Ofunato station square was stopping at that time. These all was already reported on TV and got used for me, but, when I really stood in there, they overlapped and approached to me the unique colors that stayed the destroyed very large residence area’s old sites of the circumstance, voices and the sounds of the living of people were hued.


 日々の生活の中で被災者の思いを共有するということは、難しいことかもしれないが、思いを寄せていくことはできる。今だから出来るしなくてはならない必要な支えがあると思う。生きていていいのか、生きていけるのかの見通しも立たなくて迷いながら待っておられる方が沢山おられる。

家の前の道路のすぐ向うには被災地があるような、距離感がなくなった4日間の旅だった。

It may be a difficult thing to share the thought of the victims in my daily life, but I think that I can send my thought to the affected people. I think we are able to make now. I think that there is the necessary support which we must work as. There is a lot of people waiting our support in spite of being a hesitation being not insight living through or surviving the difficulty. I feel as if there is an affected area on the immediate other side of the road in front of my house. The sense of distance with the affected area was a nothing four days trip for me.

川越瑞枝
宮崎南教会  川越 瑞枝

〔Written by Mizue Kawagoe of a Miyazaki church member〕
〔Written by Takanori Sasaki of JMF chair〕

「東北被災ボランティアに参加して」
“Participate in Tohoku Earthquake Disaster Volunteer”

今回12月に宮崎の佐藤先生ご夫妻とともに、ボランティアに参加させていただきました。
精神科病院でカウンセリングの仕事をしていたこともあり、前々から興味を持っていたのですが、在職中だったため なかなかままなりませんでした。
しかし、今回がJMFとしてのボランティアの派遣は最後になるということで、 仕事も辞め、東北へ赴こうと苦手な飛行機にも搭乗し(笑)、旅立ちました。
I participated in a volunteer with Mr. and Mrs. Sato pastor of the Miyazaki-Minami church in December, 2013 this time. I was always interested in a volunteer partly because I did work of the counseling in a mental hospital. But, I remained it was not readily precocious because I was in office. However, because I heard that this time became the volunteer dispatch of JMF last. So I quitted my work taking advantage of this and because I go to Tohoku, I boarded the airplane which is my weak point (chuckling) and left.

自宅にいるときから、ニュースなどで、現在被災地の方々は、まだ心の傷が癒えていない。
物質的な支援は随分と整ってきたけれども、被災から時がたった今こそ心理的なケアが必要だということを耳にしていました。
I learned in news that the wound of the heart is not yet cured for the people of the affected area since I was in home. The material support was set very much, but I heard it psychologically care that years passed from suffering is necessary now.

現に、実際に被災地に入ってみると、まさしくそのとおりだと体感した自分がいました。
主に、現地での活動内容は、仮設住宅や被災者の方々への訪問だったのですが、彼らの心の中に見たものは、「まだ、あの震災は終わっていない」ということです。
家が水浸しになり、今でも川の水面や日常生活で水が流れ出るシーンを見ると、心がざわついてしまう方、 港町に住んでおり、国からの支援が遅れたことにより、それまでの飢えをしのぐために、半壊した他人の家の冷蔵庫をこじ開け、 お腹を満たした経験を持つ方、被災当時は何とか立ち直ろうと奮闘していたものの、時がたつにつれ、無気力になり、 現在は前進する意欲を失っている方など、実にさまざまです。
I obtained an opportunity to hear various experiences from them.
For example; the person a house became the submergence by tsunami, whose heart rustles when she looks the scene where the surface of the water of the river and water flows out in everyday life now. And the other person which had the experience that he broke to open the refrigerator of the house, and not a stomach who was partially destroyed to get over starvation because the support from the government was late. And also another person that he struggled at the time of suffering to recover itself somehow, but he become feeble, and loses will to advance over time now.

しかし、彼らが口をそろえていうことには、 「この今の思いを聞いてほしい。それも同じ被災者の方ではなく、体験していない人に。 同じ体験をした者同士は痛いほどこの辛さが分かるので、逆に話しずらいから。」 ということです。
事のいきさつを知らないほうが、遠慮なく話すことができる。今彼らは、そのように自身の話を客観的に受け止めてくれる存在が 必要なのではないでしょうか?
They say in this way unanimously seriously.
“I want you to hear our present thought. As for it, not the victim same as us, I want the person who did not experience a tsunami to hear it. Because I understand this hotness so as to have a pain in it, the person who did same experience was hard to talk adversely”. They can speak the one that does not know the details of thing without reserve. It is existence taking a so story of their own objectively now that is necessary for them.

人の心の中まで覗き見ることは、大変困難だと思います。
顔で笑って、心では切なく、辛い思いをしている方は数多くいることでしょう。
本当の意味での復興 とは、目に見える物や事だけではなく、目に見えないものが整えられてこそのことだと強く感じます。
被災地の支援は、まだまだ長期戦になることだと思います。
遠く離れておりますが、私個人としてのできる範囲で、これからも心とこころを繋ぎあえる活動をしていきたいと願っています。
I think that it is very difficult to peep out to inside of the heart of the person. And there will be a lot of one feeling hard for a heart with a face laughingly. The revival in a true meaning is not only visible things and it is strong feeling it if an invisible thing is prepared. I think that the support of the affected area becomes the long-running conflict still more.
It is away from the affected area distantly, but I wish that I want to do it that activity to be able to join a heart and hearts from now on as I individual as for as can do it.


久木田 みすづ
博多教会 久木田 みすづ
〔Written by Misuzu Kukita of a Hakata church member〕
〔Translated by Takanori Sasaki of JMF chair〕
「被災地との交流」

2011年3月11日の大震災から一ヶ月後、私たちは夫婦で車で、気仙沼を訪問しました。
宮崎から大阪港にフェリーで行き、北陸まわりの高速道路で、新潟、郡山を経由して一関、そして気仙沼という初めての長距離のドライブでした。
気仙沼に着き、同窓生の森先生のご案内で港町の家屋崩壊の様子、ガレキの山、火災の発生した鹿折地区を見て、その惨状にことばを失いました。
私たちは滞在期間中の数日、気仙沼市ボランティアセンターに登録しました。
主人は被災家屋の泥かきに、私は高台にある気仙沼市立西高校に派遣されました。
そこは、全国から送られて来た支援物資のうち、おもに衣類の仕分けをする所で、女性がたくさん働いていました。
そこで、地元からボランティアとして来られていた吉田潤さんとお友だちになりました。彼女は以前は介護の仕事をしていましたが、今はご主人と農業をしている、とのことでした。吉田さんの家は山手の方だったので被災はしていないけれど、自分に出来ることで少しでもお手伝いをしたいので来ている、ということでした。
私たちが気仙沼を離れる前の日に、吉田さんはわざわざお別れに来て下さり、住所などを教えて下さり、それ以来、交流を続けています。
宮崎南教会では2011年6月に被災地支援バザーを開き、2012年3月にもバザーを開きましたが、この時は吉田さんが、岩手、宮城の海産物、お菓子などを送って下さり、それも販売して義援金とすることが出来ました。


昨年12月の仮設住宅訪問の時、吉田さんと再会しました。
吉田さんの自宅からそう遠くないところで公団住宅の建設工事が始まりました。そして山を削り始めたところ、そこに遺跡があることがわかり、土器などが出土したそうです。そのため建設工事は中断、急遽、遺跡の発掘作業が行われることになりました。吉田さんはその作業に従事しているとのことでした。
仮設住宅訪問では、気仙沼市の南部にある面瀬中学校校庭にある仮設住宅153戸を訪ねました。
ひとりで住んでおられる高齢者、夫婦二人の方、隣り合わせの仮設に祖父母と子ども・孫が住んでいる大家族の方など、いろいろな方がおられました。
「仮設から早く出たいけれど大工さんが見つからん。1階をリフォームすれば住めるんじゃけんなー。見通しが立たんけんな。」と嘆く人も。
訪問の途中で「お茶っこ」に招いて下さった方がいました。気仙沼港の近くで理髪店を経営していおられた佐藤常平さん夫妻は、地震の起こった時、お客さんの頭を半分刈ったときだったとか。
「あんたも逃げて。私たちも逃げるけん。えらいことが起こるでー。」
と、命からがら急いで高台に走ったことなど、当日のことを熱っぽく語ってくださいました。
閉じこもって話しをしたがらない方もいらっしゃいますが、こうして心を開いて受け入れて下さる方がおられるのはほんとうに嬉しいもので、ボランティアに来させていただいて良かった、と思います。


JMFの皆様のお祈り、ご支援を心から感謝します。

佐藤恵美子
宮崎南教会 佐藤恵美子
「気仙沼市での三つのこと」
何度も被災地に行かれている佐藤省三牧師から声(天の声?)をかけて頂き、思い切って参加することにしました。
今回のボランティア活動(8/20-8/24気仙沼市)を通して「行って見て感じたこと」「出会いのこと」「訪問のこと」を三点記します。
1、行って見て感じたこと
震災から、一年五か月経っていたので、町の様子はどうなっているのか、復興は進んでいるのかが気になっていました。気仙沼市に入っていく道路の両脇に赤いサルビアの花が咲いていて(道をきれいにしているとのこと)、町の復興への兆しを覚えました。車から見る町の様子は、テレビで見た瓦礫の山は、すでに片づけられ(部分的にいくつか瓦礫の山がありました)、家やビルの基礎だけが目立ちました。さら地になってしまった区域に草がボウボウと伸びている中、ひまわりやコスモスが咲いているのが印象的でした。
 21日の朝、日が昇ると共に目が覚めた私は、海岸の所で目をつぶり、海や流された町を見ながら、3月11日の出来事を思い浮かべました。大津波で愛する家族、大切な家、仕事を失い、途方にくれ泣き叫んだ人々の「魂の叫び」を思い、被災者の方々と復興を祈ったことでした。
2、いろいろな人との出会い
リーダーの佐藤牧師、お孫さんの原口愛ちゃん(中学生)、森澤修平さん(大学生)、坂本久光さん(霧島教会教会員)、途中から合流した岡野雅治さん(萩市にある兄弟団の会員)。皆さんとは、行きも帰りも一緒で、寝起き、物資の袋入れ、仮設住宅への訪問、食事などを共にし、いろいろと語り合えた良き仲間でした。
 私たちを暖かく迎え入れてくれた峰岸浩牧師夫妻、自分たちも災害にあいながら、多くのボランティアの受け入れ、そして被災者への訪問など、一生懸命働いているのを見て、頭が下がる思いでした。
 私たちの来訪を歓迎し夕食に招いて下さった阿部さんご一家。新しい印刷機を見せて頂きました。
横浜にある捜真高等学校の女子高校生(19名)が、炎天下の中「祈りの家」の周りの草抜きをされました。遠いハワイからウクレレを持った3人のボランティアチーム。日曜日には、公園での集会で音楽集会をするということでした。
 最初から、現地で活動して来たサマリタンズ・パースのスタッフたち。その中に、私の知人の息子さん、娘さんもいて、その再会を喜びました。
 一人一人の内に神の愛が働いていることを見せて頂き、主の御名を崇めました。
 3、「訪問のこと」
 今回は、80軒の仮設住宅を訪問し、生活必要品(お米3キロ、ラーメン、トイレットペーパー、ティシュ、洗剤)と聖書・トラクトを届けました。そして、皆さんの声をなるべく聴くという傾聴ボランティアに専念しました。
「私たちは宮崎から来たボランティアです。」と自己紹介をすると、心を開いて下さって「遠い所から来て下さってありがとうございます」と言って下さいました。
 私が訪ね、被災者の方とお話しして、印象に残っていることがあります。一人の主婦の方が「家が津波で全壊しましたが、家族は全員助かりました。つらくて悲しい時もありますが、いろいろな人がボランティアで来て下さり、それによって支えられています」とお話ししてくれたことです。
 この主婦の声は、今回、被災にあった多くの人々の思いを代弁しているように思いました。
 今回、実際に被災地をこの目で見たこと、又、被災にあった方々に出会い、お話しを聞けたこと、すべてが守られて感謝しています。
 最後になりましたが、JMFの皆さんのお祈りとご支援を感謝します。
木田博文
日向キリスト教会 木田博文
「東日本震災支援活動に参加して」
 今回、昨年8月に続き再び東北の地を訪問させて頂くことができました。JMF関係の皆様はじめ、様々な方々の協力と愛する主の大いなる導きと感謝しております。
 私は社会福祉の支援員として障害者教育に長年携わってきましたが、退職後、農業と入浴施設従業員を続けています。また、日本メノナイトキリスト教会霧島キリスト教会の代表として奉仕させて頂いておりますが、今回の災害に関して何かできる事はないだろうかと考え祈って参りました。このように形で参加させて頂き、心より感謝いたします。
 私たちは8月20日夕、気仙沼に入り、ダンプカーや工事関係の車両が行き交う道を、災害で流された気仙沼第一聖書バプテスト教会をレンタカーで目指しました。
 6人1台に荷物いっぱいで2時間余り走り、ようやく宿泊予定の「祈り支援センター」に到着しました。気仙沼バプテスト教会関係の皆様が暖かく出迎えて下さり感謝しています。
 私たちの目的は、この震災に会われても神様がなおも愛しておられる事を伝えることです。
 皆様の尊い協力で準備された支援物資と、聖書やトラクトなどを袋につめて仮設住宅を1軒、1軒訪問し、慰めと平安を祈りました。
 ほとんどの方が気持ち良く受け取って下さり、玄関で被災状況をお聞きし、少しでも皆様のお役に立てたのではないかと感じています。
 特にある方のお話では、行政の対応に強い不満をもっておられ、またある方は子ども達とその日その日が精一杯で、将来の見通しが考えられないなど、深刻な不安を話しておられました。
 もう1人の訪問先では、「遠くからご苦労様です上がってお茶でも」と招いて下さり、ためらいながらも上がらせて頂きました。お話によると気仙沼でも大きな寿司店を持っておられましたが全て流されてしまいました・・・と。仮設住宅の4畳半の傍には、老いたお婆さんが布団に寝ておられるという痛ましい生活でした。
 身内を亡くされた悲しみを背負いながら、懸命に生きておられる姿を拝見して、かけることばもなく、ただ、皆様のお話をしっかり受け止めることを通して、慰め主である主を伝えたいと考えています。
 8月24日、4泊5日の気仙沼支援活動を、また次の機会も参加出来る事を祈りつつあとにしました。

在主
2012年8月26日

坂本久光
宮崎霧島キリスト教会 坂本久光
「被災地に立って」
 2011年3月11日以降、ニュースでは東北地方を中心に襲った大地震とそれによる二次災害に関するものが常に取り上げられていた。いや単に、ニュースで取り上げられていただけでなく、本当にそれが起こっていたのだが、私にはどうしてか今一つ現実に起きたことだとという実感がわかなかった。それでも情報を追っていく内に、実際にこの目で見てみなければ本当には分かれないのではないか感じるようになった。そんな中、宮崎南教会の佐藤先生に、夏に東北ボランティアに行かないかと誘っていただき、9月末に私も参加させていただくことになった。
 活動の一日目、私たちは宮城県へと向かった。宮崎からは飛行機で羽田空港へ、さらにそこから東京駅へと移動し、そこからは新幹線で一路一関駅まで行き、そこからはレンタカーで宮城県気仙沼市を目指した。その日は到着が遅く日が沈みかけている中、市内等の沿岸部を中心に状態を見学した。海の近くの用水路はそのまま海へ続いているために波うち、崩れた家に中にはくもが巣を張っていた。道はなんとか整備されているものの、潮が満ちると水につかるため、使えない土地も多くあった。最初の地震が発生してから半年、気仙沼はまだ手つかずの部分を多く残しつつも復興へと動き出しているように感じられた。
 活動の二日目、朝に気仙沼ボランティアセンターへと行き、登録とマッチングを行った。私たちは大島というフェリーで行ける島へと移動し、そこで民家のガレキの撤去作業をすることになった。ガレキの撤去とは言っても、壊れた家から一つ一つ運び出すのではなく、もう既に運び出されたそれらをトラックの荷台に積み込み、ガレキの集積所まで運び、分別して捨てるという作業だ。積んで荷台が一杯になったら移動、それらを捨て、戻ってまた来る、これらの作業を時間のある限り続けた。
 休憩の時、同じ現場で作業を共にした方とお話しさせていただいた。学生の方や、会社務めだがボランティア休暇を利用して来られている方もいた。大きな丸木等を運んだり、ロープで荷台に荷物を固定したりする時、私たちは協力しあった。大島の状態は、まだ復興が遅れているという印象だった。廃材から作ったチップが山のように積まれている港を、私たちは夕方に発った。
廃材
 活動の三日目、気仙沼ボランティアセンターが休みなので、北の岩手県大槌町まで被害状態を知るために行った。行く途中にも津波で流されてしまった家の基礎部分を見たり、窓ガラスだけない多くの建物を見た。大槌町はそれらとは少し風景が違っていた。小さな家の多くは流され、平らな地面が続き、火事の燃え跡がそこらで見かけられた。また帰りの道では、満ち潮で道路に海水が上がってきており、一時迂回したりもした。
 活動の四日目、再び気仙沼ボランティアセンターへ。この日私たちは別々の現場へ行こうという話になった。マッチングの結果、私は悪臭を防止する効果があるというバクテリア散布作業だった。これは当人も被害にあわれた方が中心人物の一人となってすすめたきた運動であった。この日、ひとつの目標を達成されたようだった。
 次の日、来た道順を逆に進み、私たちは宮崎へと帰ってきた。直接自分の目で見る機会が与えられ、それも多くの場所やものを見ることができて感謝でした。
 しかし実際に行ってみて、直接的な作業に参加できたのはわずか2回、それもとても私一人の力では何も出来ないのだということを強く感じました。何か助けが要るのなら、直接行っても力になれなかった私が、力になれる方法を考えています。
森澤修平
宮崎大学工学部2年 森澤修平
「気仙沼ボランティア報告」
12月5日~7日まで、JMFの第2ステージの被災地支援活動として、気仙沼第一聖書バプテスト教会と協力して被災者仮設住宅への支援物資配布ボランティア活動を行った。
12月8日は広島への帰途に福島市を視察した。

12月5日(月)
広島から新幹線、一の関からはレンタカーを乗り継いで約8時間、暗くなりかけた午後3時過ぎの気仙沼市に到着。港付近に近づくと津波に洗われて開口部がむき出しになった数多くの住宅や店舗が撤去の順番待ちになのか目に入ってくる。港から500メートルほどの陸上には大きな貨物船が一見大きな損傷を見つけられない姿で打ち上げられたままになっていた。津波による大災害、その破壊力がどんなものであったかを改めて現場で実感するすさまじい風景が広がっていた。

12月6日(火)
震災から9ヶ月を経過した気仙沼市の仮設住宅で米5キロを160世帯分配る活動を行った。仮設住宅は10世帯ほどが一棟の長屋を作る。私たちが訪ねた仮設住宅は中学校グランドに砂利をひいて建設されていた。断熱材設置工事が急ピッチで行われていた。仮設住宅は一戸ごとにまず風除の玄関口、玄関ドアを開けると50センチほどの靴脱ぎ場がありそこは2畳ほどのキッチン。お湯と水が出るシンクタンク。隣接して水洗トイレと風呂。キッチンの奥はアコーデイオンカーテンに仕切られて6畳ほどの畳室。この住宅には2年間住むことができる。光熱費は実費と聞いた。約160世帯ほどの仮設住宅の一角に集会所が作られており多目的に利用されていた。
16棟ほどにはいる仮設住宅を一戸ごと玄関を訪ねる。
「広島から参りました。気仙沼第一聖書バプテスト教会の支援活動を応援に来ました。お米をお配りしています。どうぞお受け取りください。」
「お世話になります。助かります、ありがとうございます。」と受け取っていただいた。
不在の家ではお米を風除コーナーに置いた。

12月7日(水)
気仙沼第一聖書バプテスト教会の水曜日祈祷会に出席して教会メンバーと祈りを合わせ交流した。
現在仮の礼拝堂として部屋を提供している阿部さんは営んでいた印刷所が壊滅的被害を受けた。営業を一度は断念した、しかし人たちの支援に感動しそこに主イエスの再建への導きを感じてふたたび印刷の仕事を再開された、その9月間のご夫妻の中に生まれた信仰者としての喜びについてお聞きすることができた。
午後、気仙沼第一聖書バプテスト教会主催のコンサートが市の公会堂で開かれるので、その案内ちらしを公会堂から一番近い仮設住宅に配布した。コンサートは誰もが楽しめる娯楽、そして人たちが集まることができる場である。
その後、被災住宅の再建をボランティアで応援するクリスチャングループが行った再建住宅での礼拝に参加して被災家主家族とともに喜びを分かち合った。
夕方までの時間を見つけて陸前高田市の視察を行った。津波に襲われた広大な地域はコンクリートの基礎部が残っていたり、波を打った土砂の起伏があったり、黒い水たまりが点在したり、大きな骨組だけ残した建物の残骸があったり、何とも混乱した荒廃した生命感のない一帯となっていた。遠くに流されずに残った一本松が見えた。

三日間、気仙沼第一聖書バプテスト教会嶺岸浩牧師と行動を共にさせていただいた。
  この教会は牧師館付き教会堂を津波で流された。教会堂の柱も壁も床も天井もなにもかも流された。嶺岸牧師は声も出なかったことであろう。間もなく救援支援の問い合わせが仲間教会、全国の教会からあり、これに対応して被災者へ届けられた救援物資を届けることを始められた。いままで交流のなかった気仙沼市民と出会い、協力して支援活動を進めるということが始まった。嶺岸牧師は気付かれたという。自分は人たちとの間に柱や壁や天井や床を作っていたのではないか、その中に閉じこもりの状態ではなかったのか、それが震災によって流されたような気がする。人たちとの隔ての壁が流された。私は自分の牧師としての姿勢もかくあれとの声を聞いたように思う。

12月8日(木)
気仙沼を後にして午前11時過ぎJR福島駅に到着した。コインロッカーの前でほこりをさっと払い落とせるジャンパーと防寒ズボンの重ね着をする。これに合わせて準備したはずのマスクがない、慌ててすぐに駅前のコンビニで購入して着用。これから午後4時まで福島市民が放射性物質にどのように対応しているのかに少しでも接するために市内を歩くのだ。
平日木曜日の福島駅前から歩き始める。
「あれ、マスクをしている人が少ないな、どうしてだろう。みなさん大気中の放射性物質の吸入について大丈夫なのかな」とは、歩き始めてすぐに感じたことであった。
しばらく歩いて、徒歩で歩く前に市内循環バスに乗ってまずは少し広い範囲での市民生活にふれよう、そう考えて駅前広場に戻り外回り、内回りの循環バスに一回ずつ乗車。バス運行途中では、公園で遊ぶ幼児や母親を見る、マスク着用なし、広島で見るのと同じ光景。小学校のそばを通過、運動場はいかにも表土を剥ぎ取り除染したあとと見てとれる。その上で生徒さんたちが体育の授業中、この子たちもマスクなし。バスの中から見る道行く市民も、バスの乗客も特段に放射性物質への対応をしているとは感じない。これでいいのだろうか。みなさん、大丈夫なのだろうか。
昼食を駅内で摂る。広島と変わらぬ大賑わいの駅内飲食街であった。昼食後もまた市内を歩く。途中、福島市保健福祉センターで市民への放射線に関する情報提供プリント、福島市役所で市報数カ月分を入手、誌面には除染の進捗状況を紹介する記事の記載があった。
午後4時、わずか5時間の滞在ではあったが自分が体内に放射性物質を取り入れないようにと思って歩いたのでその緊張のためか疲れてしまった。そして感じた。このような緊張が続いたらこの町には住めない。緊張しないようにしなければこの町には住めない。市民は原発事故前の生活に近い生活を選択したのだろうか、住もうとするならこの選択をせざるをえないのか。確かがどうか分からぬ自分の考えにやるせない気持ちを抱いて福島駅を後にした。
参考までにホームページに公開された文部科学省環境放射能水準調査(都道府県別)、
12月8日(木)14時から15時の数字。単位はμSv/h(マイクロシーベルト毎時)
札幌市0.030、福島市0.96(過去の平常値の範囲0.037~0.046)、
新宿区0.060、大阪市0.051、広島市0.049、宮崎市0.032

 現場に行くことの大切さを改めて感じるボランティアであった。私が気仙沼で直接お話できた方々は震災から立ち上がろうとしている人であった。しかし、現地には立ち上がることなどおよそ自分のことにはならない人、悲しみにあけくれる人、失ったものの大きさに力が出てこない人がおられることであろう。私がドアをノックした仮設住宅の部屋の奥には黙って閉じこもる人がおられたのかもしれない。
 福島市でマスクを着用することなく生活を続けている方、その方に理由がおありであろう。
 お話をお聞きできなかった人たちの思いを想像することを忘れないでおりたい。私は今後もJMFのつながりに励まされてみなさんと協力して支援活動を継続していく。

以上
石谷忠之
広島メノナイト・キリスト教会 牧師 石谷忠之
「ボランティアの喜び」
7、8、9月と三度ボランティアに参加させて頂いた事を、まずは感謝したいと思います。
〇7月は大漁旗等を洗い、田んぼの瓦礫等を運び出し、卒業写真等を綺麗にする作業
〇8月は網をほどき、田んぼの石を出し、EM剤散布をする作業
〇9月は廃材運び、陶器店の清掃作業

今、三度のボランティアを振り返ってみると、様々な情報と現実とのギャップ…あまりの被害の大きさを直視して、自分の中に受け入れるだけで精一杯だった7月、被災地の中で綺麗なものや、少しでも元気になれそうなものを探し…大勢のクリスチャンの皆さんやメノナイトの皆さんと語らう喜びを感じた8月、被災地に住む皆さんとたくさん語らい…気仙沼出身の方などといいお友達になれた9月だった、と思います。

そのなかで、立ち直ろうとする被災者の皆さん…親戚や家族、お友達等を亡くしながら、それでも笑顔で私たちボランティアを受け入れて頂いた商店街のご夫婦や、福島から避難して来られたが、何もする事が無いからとボランティアコーディネーターを務めていた陸前高田市ボランティアセンターのお兄さん、大槌小学校前で釜石市や大槌周辺について語って頂いたおばあさん等…さまざまな現地の皆さんと出会い、語らいあう事が出来ました。

そして、毎月参加する度に瓦礫等が片付いていく喜びを感じたり、岩手県沿岸の町や気仙沼市大島等、まだまだ取り残されたりしている地域の悲しみを感じたり等…まだまだ支援の手が必要だ、ということを痛感しています。
カモメ
ですので、今後も出来る範囲内で支援していきたいですし、今後も復旧復興を見続けていきたい…再び気仙沼へ行ける機会があれば、ぜひ足を運びたいと思います。

今回、私はJMFのボランティアに参加させて頂いた事を深く感謝しています。
全国のメノナイト教会の皆さんとお会いし、皆さんからたくさんの喜びを頂いた事や、ボランティアを通じてクリスチャンとして生きる事を決心出来た事等…実り多きボランティア参加でした。

 今後は聖書のさらなる読み込みと理解を深めていきたいですし、クリスチャンとして被災地とどう関わっていくか…考えていきたい、と思います。

最後になりましたが、私達が被災地で円滑に動けるよう宿泊等を支援して頂いた、気仙沼第一聖書パブテスト教会の嶺岸浩先生ご夫妻や阿部克衛さん夫妻、そして祈り、支援していただいたメノナイト教会の皆さんに御礼申し上げます。
上門豊明
上門豊明
「東北ボランティアの旅」
 2011年8月22日~26日、JMF(Japan Mennonite Fellowship)から送り出されて、日本各地から集まってきたメノナイト諸教会の仲間たち14名と、東北でボランティアをしてきました。
 羽田から東京駅へ行き、新幹線で一関に行きます。そこからはレンタカーを使いました。気仙沼バプテスト教会の信徒さんが提供してくださった家の片隅に寝袋を敷きました。ここが4日間の住処です。

一日目
 気仙沼のボランティアセンター(以下ボラセン)が私たちに斡旋してくれたのは、マグロ漁船の網を解く仕事でした。
 長さ25メートル、幅5メートルの巨大な網が、まるでもつれた毛糸のようにグチャグチャに絡んでいます。それを一枚一枚解いていくわけですが、力一杯に引っ張れば良いというものではありません。「この網とこの網が絡んでいるようだから、こちらを持って、あなたがここをくぐって・・」と。知恵と忍耐とが必要でした。
定置網

二日目
 陸前高田で、田んぼの中のゴミ拾いをしてきました。私たちがゴミを拾っている少し上の場所を見ると、そこには水を張って稲が育っている田んぼがあるではありませんか。皆で見に行くことにしました。
 霧島教会の坂本さんは農業をされており、田んぼも持っています。坂本さんは感動して言われました。
 「津波を被って塩害もあるだろうに、よく育ったな。見てごらん、雑草があるだろう。普通は除草剤を撒いて雑草を取るところだけれど、これを残している。もしかすると雑草が必要なのかもしれないな。この人は、いろいろと試しているんだろう。」
 稲は、あまり太くはない。通常の半分というところかな。でも本当に良くやった。すごい根性だ。これが本当の、東北魂だ。

三日目
 気仙沼で、土壌浄化のための薬剤散布をしてきました。ボラセンが指定した場所で待っていると、トラックに乗った担当者が来ました。足利英紀さんです。
 トラックの荷台には、薬剤を入れた巨大なポリタンク、小型のポンプとエンジンとが積まれています。トラックを少しずつ動かしながら、ホースの先から、飛び出る薬剤をガレキを撤去した後の、汚い泥や油が浮かんでいる地面に散布していきます。しかし、これが思ったより大変で、風向きが変わると薬剤が顔にかかり汗と一緒になって目の中、口の中に入ってきます。足利さんに「大丈夫でしょうか?」と聞くと、「大丈夫、これはEMと言って、乳酸菌や酵母などの自然素材で出来た物だから、顔にヨーグルトを塗っているようなものだよ。土壌にもよいし、顔にもよい(笑)」と教えてくれました。
 やっと休憩の時間です。ボラセンでもらったポカリスエット(一人一本ずつもらえる)を飲みながら話を聞きました。
 足利さんは気仙沼の方で、三陸EM研究会の代表取締役です。今度の震災では幸い、ご家族の皆さんは無事でしたが、自宅も事務所も、全財産すべてを津波に流されてしまいました。避難所での生活を余儀なくされ、その時着ていた洋服もすべて頂き物だということでした。
あしかげ

 そして足利さんは、私たちに次のような話をしてくださったのです。
「でも、震災に遭ってよかった。千年に一度の津波だというではありませんか。千年に一度の出来事に自分が遭遇できるなんてラッキーなことです。
 けれども、このラッキーというのは、文字通りの意味ではなくて、クヨクヨしても始まらない。下を向いてたって何も起こらない。それじゃあ上を向いて、前に向かって歩き出そう。自分が、そういう体験者になれたということは、実にラッキーなことだという意味です。
 もしこの世に神と呼ばれる御方がおられるなら、生かされた私には使命があると思う」
と、足利さんは言ったのです。
 私たちは、足利さんのたくましさ、前向きに生きていこうとする命の強さに圧倒される思いでした。
 足利さんは、来週は沖縄へEM講演のために出張されるとのことでした。それは前々からの約束だったのでしょう、彼はその約束をキャンセルなんかしないのです。彼は頂いた服を着て沖縄の講演会場に入るのです。私は、主のお守りを祈らずにはおられませんでした。

 帰ってからも祈りは続いています。土曜日の夜になると、女房とふたりで礼拝室の十字架の前に座り、「主よ、東北のすべての方々を、お守りください」と祈っています
佐々木淳二
佐々木淳二
「ボランティア活動報告」
 以前より自分もボランティア活動に参加したいと思っており、父にこのJMFの活動の紹介をされ、気仙沼、陸前高田でのボランティア活動への参加をさせていただきました。

 私たちが被災地入りした時には震災から半年近く経っていましたが、現地の様子は本当にひどいものでした。気仙沼には山積した瓦礫、車やヘドロがまだ大量に残っています。陸前高田にはほとんど「何も」残っていません。津波が全てを押し流してしまったのです。この凄惨な状況を目の当たりにし、本当にもとの状態に戻すことが可能であるのかと思ってしまいました。しかし、被災地を復興するためには行動を起こさねばなりません。そのような思いもあって、被災地での活動にかなり力を入れることができました。
 現地で行った活動のうち、最も心に残っているのは、津波によって絡まった漁網を解く作業です。漁師にとって網はとても大切なもののようで、依頼主の方は昼休みの間にも一人で黙々と作業を続けていました。また、その活動に参加していたボランティアのうちの一人が、自身も被災した漁師の方で、「仲間のために自分も働く」とおっしゃっていました。
 被災地で活動をする中で実感したことは、人間の強さと素晴らしさです。被災地には大きな悲しみがありましたが、そこで会った人たちは皆諦めずに一所懸命に、前向きに生きていました。また、多くの人々がそれを支援していて、人間の素晴らしさがよくわかりました。
 非常にわずかですが、復興のお手伝いをすることが出来たことを喜びに思います。今回の活動を支援してくださった皆様、活動を共にした皆様、現地でお会いした皆様に感謝を申し上げると共に、被災地の復興が一日も早く進むこと、被災者の方々が守られることをお祈りします。
西岡恵祐
西岡恵祐
「震災ボランティアに参加して」
 高齢で、体力にも健康にも自信のない私が、今回のボランティア活動に参加を許されたことを感謝しています。
 海岸地域の壊滅した被災地で被災された方々の無念と苦難を思い、ただ祈るばかりでした。一刻も早く復旧、復興されること、健康が支えられ、力が与えられ、一日一日前進されますことを皆さんと共にお祈りするものです。
稲嶺純平
稲嶺純平
「震災ボランティアに参加して」
 今回人生で初めてボランティアに参加させて頂き一番に感じたことは、人間の生きる強さ、素晴らしさです。
 気仙沼も陸前高田も、想像していた以上に被災地の様子は酷いもので、この先どうやって復興していくのだろうか、という思いが頭をよぎりました。特に、最終日にEMという有機培養液で被災地跡を消毒した現場は、テレビにも映らないような惨状で、遺骨さえまだ探せていないという、汚物や腐った油の混じった道端のヘドロから漂う匂いは、行った者にしかわからないものでした。
 しかし、そうした現状以上に心に響く言葉や行動を持った方が、ボランティアの現場にはたくさんいらっしゃいました。津波で絡まった何十という魚網を大人数で解いていく作業のボランティアの中には、「漁師だった自分の道具や家を全てなくし、妻は北海道で漁のアルバイトをしながら、私はここで漁師仲間のために働いている。」、という方がいました。強い眼差しと、引っ切り無しにジョークを飛ばす大きな声が印象的な方で、体力的にも強くない女性陣のそばで見守ってくださる素晴らしいおじさんでした。
 気仙沼ボランティアセンターの救護所で働く女性たちは、半年ほど車中泊しているそうです。周りを気遣う仕事の方たちが多分一番苦労しているのだろうな、同じ女性として尊敬しました。ボランティアセンターで働く多くの方は、ボランティアに参加する多くの人よりも若い、20~30代前半といった感じでしたが、休学したり、休職したりして参加しているケースもあったようです。自分と十も違わないような年齢の人たちが、ボランティアとして自分の人生をささげるだけでなく、そのリーダーとして先頭に立とうとしている姿に感動しました。
陸前高田のボランティアセンターで仕事を割り当ててくださったお兄さんは、福島に実家があり、放射能の影響で逃げてきたといいます。何もすることがないからここにいる、という言い方をなさっていましたが、自分のことではなく、「陸前高田を忘れないで」と説明の最後に付け加えていたことに驚きました。人間はここまでも自分のことを差し置いて他人を心配できるものなのだ、と思いました。
 最終日は冒頭で紹介したEMの消毒液を作る会社の社長というおじさんと活動しましたが、彼も全財産をなくした一人でした。今着ている服もボランティアの方からもらったもの、何にもなくなっちゃったけど命があればいい、と。津波の後4日間は気持ちが沈んで何も手につかなかったが、5日目から今日まで、一日も休むことなく気仙沼を消毒しているそうです。知り合いにあうと、「生きていて良かった」それしか言葉に出なかった話や、変わり果てた姿のたくさんのご遺体を発見せざるを得なかったこと、そしてノンクリスチャンでありながら、「もし神様がいるなら、生かされた私には使命があると思う」という言葉の重みを通して、被災地にある方の生きることへの強さと、希望が見えました。
 生きていることは当然で、自分がより幸せに生活していくことも当然、の世界から見ると、不思議な光景です。生きているだけで感謝であり、誰かを助けるための何かの使命がある、ということが被災地の声だったと思います。
 そして、今回はJMFの一人として参加できたことに何よりも感謝します。日常生活で、特に十代間の会話で「クリスチャン」というと理解を得るどころか理解しようともしてもらえないことが多いのですが、被災地では多くの方が「またクリスチャンの方だ、尊敬します」と言ってくださいました。全国、世界各国からボランティアは集まっているのに、気づいたら周り全員クリスチャンだ、ということもありました。クリスチャンであることが誇らしいと感じる現場であったし、こうした被災地の良いクリスチャン像は、これからの日本の伝道にも良い影響を与えるだろうなと思います。また、毎日朝と夜に参加者で礼拝したことや、交わりをもてたことは普通のボランティア団体にはないことでした。普通にボランティアをすることも非常に大切ですが、祈りながら、復興後や被災した方々一人一人の思いを含めた、大きな視点から東北を支えるクリスチャンボランティアは、必要不可欠だと思います。個人が本当に被災地復興のために役立つか、というとそれほどではないかもしれません。ですが、そこに関わることに意味があると思います。微力でも自分のこととして本当に行動することの大切さを学びました。復興できるのはまだまだ先だと思うので、他人のことに無関心になりがちな心を改め、もっと自分のできることを考えた上で被災地を訪れたいと思います。
お祈りや献金で支えてくださった皆様に感謝します。
大山ひとみ
白石キリスト教会
大山ひとみ
「素晴らしい仲間」
年齢を全く感じさせない佐藤省三(宮崎南教会牧師)さんの働きに大いに刺激されて勇躍東北の被災地に向かう。気仙沼迄来て-63歳になって-初めて穿くジーンズ。持病の腰痛に不安を抱え、職場の同僚に無理を慎むようにと口々に有り難い忠告を受けたのも忘れて畑のガレキ(10kg以上もあるコンクリート版を含む)の撤去に全力を振り絞って必死に 取り組む。
途中立ち眩みに悩まされながらも、素晴らしいボランティア仲間(新潟62歳男性、 一関若い女性2人、福井県敦賀市の既婚の若者男性2人、東京都八王子市の 青年1人)に恵まれ、依頼主のご夫婦とも素晴らしい交わりが出来て、作業も捗 ってお互いに満足の行く結果となる。
ボランティア活動の合間-8月3日-に訪れた陸前高田市の被災状況のあまり のひどさに思わず息をのむ思いがして言葉を失う。
若い方々の参加が望まれるところである。
森岡道久
メノナイト方南町キリスト教会
森岡道久
「被災地でのボランティアを体験していただいた恵み」
 JMFの体験談を読み、兄姉たちの献身的な働きに感謝しつつ、いつかは自分もと思っておりました。そして、このたびついに夏休みを利用して8月1日〜5日に被災地へ行くことがかないました。正味三日間の滞在の内、二日をボランティア活動に、残り一日を各地の視察に費やしました。
 現地で活動してみて実感したことはボランティアへのニーズが非常に多様だということです。泥かきや瓦礫の撤去などの肉体労働以外にも、着物の洗浄、食器の片付け、タンスの中の整理など女性ボランティアを希望する案件が多数ありました。ひとくくりにできないニーズに、被災者の方々ひとりひとりの生活が現れており、それぞれの生活が津波によって破壊されていることを意味しているように思われました。
 一回目に私が参加したボランティアは商店の泥かき、洗浄でした。津波に呑まれて二階まで泥が残っている店内の泥をかきだし、最後は水できれいに洗浄する仕事です。依頼主の酒屋のご主人は、今は別の場所の仮店舗で営業を始めようとなさっているところでした。避難所にいる方からもお使い物として注文がはいるそうです。そして、「1,2店だけれども予約が入るようにもなった。商売を続けられるだけ続けていこうと思う。」ともおっしゃっていました。酒屋さんの商売が成り立つということは、繁華街が活動しているということです。街の活気が戻ってこなければ、店舗だけを復旧しても真の復興にはならないことを意味しています。目に見える作業よりも、更に気の遠くなるような道のりがあることを思わされました。  二回目のボランティアでお邪魔したのは金物屋さんでした。一階の商品と商品棚を二階に搬送する仕事です。津波が押し寄せたとき一階の店舗はもちろん、二階の事務所まで浸水したそうです。店員さんたちは三階の社長さん宅と屋上に避難し、小雪がちらつく中、みんなで耐え忍んだそうです。津波で壊滅した一階店舗はヘドロと瓦礫で埋まったのですが、私たちが伺ったときには、きれいに掃除され商品が並んでいました。数百メートル先まで流された商品を探し出してきて洗浄したそうです。大変な苦労の上での復旧作業でした。しかし、中には持ち去られた商品もいっぱいあったそうです。残念なことですが、お店の社長さんは「人間はそういうときアニマルですよ。仕方がない」と言われてました。
 このお店は漁業関係を取引先としているため、現在仕事が激減してしまっているそうです。「来年を本開店と考えて準備している。」とのことでした。この地域は地盤が沈下しており、満潮時には店のすぐ前まで冠水してしまいます。これらの地域を商店街として復興するのか移転するのか、大きな街づくりのプランが求められていますが未だ何の指針もありません。ここでも復興までの道のりの長さを思い知らされました。
 被災地に直接行ってみると被害の大きさ、復興までの道のりの遠さに打ちのめされるような思いになります。しかし、それ以上に現地に行くことで明るい気持ちにさせられ、元気をいただくことができます。前向きに立ち上がる被災者の皆さんとのふれあい、全国各地から集まるボランティアの方々とのさわやかな出会いがあったからです。今回ボランティアに参加した人の中には東京近郊だけではなく遠く北海道や四国から来ている人もいらっしゃいました。また東京在住だけれどもお婆様が気仙沼におられるという方もいらっしゃいました。気仙沼に来てボランティアをすることをとても喜んでくださり、お婆様が毎朝お弁当を作って持たせてくださっているそうです。
 まだまだやるべきことは山積みで私たちが協力できることは残されています。もし躊躇されている方がいらっしゃるなら、何より自分のために行動してほしいと思います。気仙沼市内は津波の直撃を受けた地域以外はほぼ通常通り稼動しています。コンビニもファミレスも営業しています。普通に生活ができる環境なのです。誰でも行くことができ、何かしらできることがあるのです。これは、奉仕しなければならないという義務ではなく、むしろチャンスと考えられのではないでしょうか。奉仕する喜び、ボランタリ精神にあふれる人たちとの出会い、大災害に対して立ち向かう勇気を持った被災者の方々とのふれあい、このように、人間のすばらしさに触れることができる機会は他には無いと思います。
 私自身、被災地のために何かできないかという思いで出発し、感謝に満たされて帰ってまいりました。このことを東京でも分かち合い、自分も含めて一人でも多くの人が復興へと協力できるように願っております。そして引き続き忍耐を強いられている、被災地のみなさんに、慰めと平安があることを祈ります。
押切 恵介
メノナイト方南町キリスト教会
押切 恵介
「69才以下の若者よ」
粟屋 道男
山の田福音教会
粟屋 道男
「ボランティアに参加して」
当初は、「少しでも何か役に立つことをしよう。」という気負いもあって、定年まで勤務していた土木関係の技術者証や小型重機類の免許証などを持って行きました。「もう歳なんだから、無理しないでね。」の家族の声に送られ、11時間かけて気仙沼に到着し、リーダーのS師と広島のU兄と共にボランティアとして数日間お手伝いするであろう被災地を見て回りました。
まず気仙沼第一聖書バプテスト教会跡地に立ち寄ったところ、嶺岸牧師ご夫妻が香川県の観音寺市から来られた豊浜キリスト教会のT牧師と東京板橋の小竹向原キリスト教会のボランティアグループに説明をしておられるところでした。
2008年に献堂式が行われた教会堂跡地には十字架だけが立っていました。嶺岸牧師の「津波は怒涛のごとく押し寄せ、全てを飲み込んでしまいましたが、主はその後に怒涛のごとく押し寄せる祝福を下さっています。」「津波は教会の壁も破壊しましたが、主は小さな教派間の壁も取り去ってくださいました。」という主旨のことばを非常に印象深くお聞きしました。
上記のグループ11名の方達と一緒に、鹿折(ししおり)の金山跡にある宿泊所に泊まりました。賛美の歌声が遅くまで聞こえていました。三日目の朝、このグループは奉仕しながら帰るということで見送ることにしました。マイクロバスを運転していた方と被災地の話をしながらお互いを紹介すると、1988年6月、日向教会の特伝講師として招いた、K師(故人)のご長男でした。その時のメッセージの中でこの方のことも聴いていたのですが、姿も声もK師にそっくりで不思議な出会いを主に感謝しました。
港のすぐ近くにある農家の重油や瓦礫と魚網、サンマの頭などの混ざり合った水田で片付けをしながら、被災された主婦が「今もその時の光景や音が消えない。瓦礫を始末する重機の音が重なってしまう。」「家の裏山で何日も雪の夜を寒さに震えながら過ごしました。」と話されました。
気負いも何も要らない。ただ、話を聴いて共に手を動かすだけでもいいのだと感じた今回の参加でした。
2011年7月 
児島 一満
日向キリスト教会
児島 一満
「また行こう」
 私は、あの日からずっと心揺さぶられたままでした…3月11日の、東北で起きたあの巨大な地震&津波から。
そして、ほどなくして被災地から広島、福岡等に避難してきた…たくさんの被災者の皆さん達。
私は、ネットを介して…西日本へ逃れてきた方々への様々なお手伝いをしてきましたが、お会いした皆さんが共通して語られるのは…『自分達だけが逃げてしまい、申し訳ない』と。
私は、被災者の皆さんが共通して仰られていた『申し訳ない』という言葉が、ずっと気になっていました…何故『申し訳ない』という言葉が出るのかな?…と。
そう思っていた矢先に、佐藤牧師から今回の気仙沼ボランティア参加への呼び掛けを頂いたんです。 私はぜひ東北へ行き、被災地を直に見て自分の疑問を解こう…と思い、参加する事に決めました。 そして、結論から言えば…ボランティアに参加して良かったですし、避難して来られた皆さんが『申し訳ない』と仰られた意味も理解出来ました。
と、言いますのも…
〇気仙沼では地震&津波被害の他に油流出による火災被害があった事と、地盤沈下→満潮時には道路が冠水する被害があった、という事
〇4ヶ月経った今でも、全然手付かずにガレキのままで残っている地域がたくさんあるという事
〇たくさんの機動捜索隊が、今でも行方不明の発見等の活動なされている、という事等々
…挙げればまだまだありますが、4ヶ月経った今でも、まだまだガレキや船がそのままになっているような、凄惨な光景を目にした時…言葉を失いました。
そして、心の中で涙した…。
しかし、そのような惨状の中でも、必死に生きようとする被災者の皆さんを目にした時…私は微力ながら、私に出来る範囲内で最大限に支援したい…と素直に思いました。
ですから、今後もボランティアに参加し続けたいと思います…8月にも再び参加しますし、秋以降も…私は本当に微力ですが、少しでも復旧に参加出来たら、と。
最後に、宿泊先を私に貸して頂いた気仙沼第一聖書パブテスト教会(本郷チャペル)の嶺岸先生夫妻や、気仙沼で度々お世話になりました阿部さん夫妻、資金的&精神的に援助して頂いたJMFと、広島教会の石谷さん夫妻、一緒に同行して頂いた日向キリスト教会の児島さんに佐藤牧師…そして、気仙沼でお会いしてきた全ての皆さんに感謝したいと思います。
001
広島教会
上門 豊明
「お話を聞いて」
 私が最初に訪れた所は気仙沼市鹿折(ししおり)地区でした。崩壊した家、車、そして大きな船までが同じ視界に入ってきました。信じ難い光景でした。
 ボランティアセンターでの仕事を2日間、もう一日は、岩手県大槌町の仮設住宅を訪問しました。1日目は被災したお宅に8人で行き、重油の粒などで汚れた家財道具などを手分けして洗って干す作業です。被災されたお宅のお母さんが全員分のお茶とおやつとゆで卵まで用意して迎えてくれました。2日目は仮設住宅への物資の搬入でした。3カ所を人海戦術で、ふとん、テーブル、食器などを1軒ずつ運びました。
 ボランティアの方は北海道から沖縄まで各地から来られてました。地元の人も来られていて色々な話しを伺いました。一番ショックを受けたのは、津波がきた翌日家族を探しに訪れたら、消防の人達の手が足りず仕方なくご遺体の収容を手伝わされ、そのことがずっと夢に出てくるという話でした。いまなお7千5百人余りの方が行方不明だといいます。ご遺体が見つかったら地元の方達は「おめでとう」と言いあうそうです。
 私達ができることは山ほどあると思います。今回参加できて少しでも思いをわかち合えて感謝でした。

2011.6.25
千嘉
宮崎南教会
佐藤 千嘉
「分かち合いたい」
 亡くなられた方や行方不明の方々がその地で生きておられたことを、忘れることなく、生きていらっしゃれば、神さまが期待しておられるように生きることがおできになれたであろうことを意識し続け、遣わされているところで出会う子どもたちや人々に、神さまが期待しておられるように生きていくことがおできになるように仕えさせて頂きたい、また、自分自身も神さまが期待しておられるように生きていきたいと思いました。
また、被災された方々の苦しみを分かち合わせて頂きたいということ、前進していかれる経験・時間を共有させて頂きたいということをも思わされています。

神さまからの御祝福をお祈り申し上げます。
三村
山口 山の田教会
三村 隆治
▲ページトップへ戻る
Copyright © 2011 Japan Mennonite Fellowship All rights reserved.